ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 新型コロナウイルス感染症対策としてのごみ収集・資源回収について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策としてのごみ収集・資源回収について

現在、通常通りごみ収集・資源回収は行っております。ごみ・資源は朝8時まで(池袋駅周辺繁華街地域は朝7時半まで)にお出しください。

今後、状況の変化によりごみ収集・資源回収について変更があった場合はホームページ等でお知らせいたします。

また、今後も安定的にごみ収集・資源回収を行うために、区民の皆様に以下の点のご協力をお願いいたします。

ごみを出す場合

  •   ごみ袋はしっかりしばって封をする
  •   ごみ袋の空気を抜く
  •   ごみの量を減らす(下記「排出抑制・適正分別にご協力ください」をご覧ください)

  参考 環境省「新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方」(PDF:347KB)

 資源を出す場合

 物の表面に付着したウイルスが感染力を失うまで24~72時間程度の時間がかかるといわれています。

 資源はすぐに捨てずに1週間程度、自宅で保管し、それぞれ決められた曜日に出してください。

 直接口に触れる、びん・缶・ペットボトルは水でよく洗ってください。

 マスクやティッシュ等の捨て方(ご家庭に感染者や感染の疑いがある方がいる場合)

  • 鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみに直接触れない
  • ごみ袋をしっかりしばって封をする
  • ごみを捨てた後は、石けんを使って、流水で手をよく洗う  

参考 環境省「新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方」(PDF:544KB)

排出抑制・適正分別にご協力ください 

 安定的・安全にごみを収集するために、以下のとおり排出抑制・適正分別にご協力ください。

1.布団や金属・陶器・ガラスごみが含まれるごみは、絶対に燃やすごみに出さないでください。

 布団などの粗大ごみや金属が含まれるごみは清掃工場の機器に絡みつき、故障や停止の原因となります。

 革のベルトのように、燃やせる部分と金属部分が一緒になっているものはできるだけ取り外してください。

 

      不燃ごみ         不燃ごみ2          不燃ごみ4                           (豊島清掃工場の機器に絡まった不燃物)

2. 生ごみは、水切りを十分に行ってください。

 生ごみの約8割が水分です。水切りするだけで、家庭ごみを減量できます。

水切り

3. 雑がみ(包装紙など)は、可燃ごみではなく「資源(紙・布類)」の日に出してください。

 豊島区では、包装紙と厚紙製の箱は「資源」として回収しています。燃やすごみの日ではなく、資源(紙・布類)の日に出してください。 
 包装紙や厚紙製の箱は、十字に縛るか紙袋に入れて出してください。

雑がみ 雑がみ2

<参考>資源(紙・布類)の分け方

新聞

折込チラシを含む

十字にしばる

雑誌

コピー用紙・雑紙を含む

十字にしばる

段ボール

 

十字にしばる

厚紙製の箱

 

十字にしばるか紙袋に入れる

包装紙

 

十字にしばるか紙袋に入れる

牛乳パック

ジュースなどの紙パックも含む

十字にしばるか紙袋に入れる

古布

衣類など

袋に入れて「古布」と書く

 ごみと資源の出し方の詳細については、次のページをご覧ください。資源・ごみパンフレット

4. トレー・プラスチック容器は、水洗いして「資源(びん・かん・ペットボトル類)」の日に出してください。

 豊島区では、以下のプラスチック容器とトレーは「資源」として回収しています。燃やすごみの日ではなく、資源(びん・かん・ペットボトル類)の日に出してください。 

  • プラスチック容器(シャンプー・リンス・ソース・ドレッシング・化粧品・洗剤・食用油)
  • トレー(食品用の発泡スチロール製の皿)

<参考>資源(びん・かん・ペットボトル類)の分け方

 

びん

食品用・飲料用

※キャップははずして「金属・陶器・ガラスごみの日」に出してください

コンテナ(黄)

かん

食品用・飲料用

※すすいでから出してください。つぶせるものは、つぶして出してください

コンテナ(青)

ペットボトル

食品用・飲料用

※すすいでから出してください。つぶせるものはつぶして出してください。キャップは、はずして容器と一緒にコンテナへ出してください(ラベルはそのまま)

コンテナ(緑)

トレー

食品用の発泡スチロール製の皿

※色・柄つきも回収します

専用の回収ネット

プラスチック容器(ボトルタイプ)

シャンプー・リンス・ソース・ドレッシング・化粧品・洗剤・食用油

※すすいでから出して下さい。キャップは、はずして容器と一緒に回収ネットへ出してください

※上記7品目以外のプラスチック容器は、燃やせるごみの日にお出しください。

専用の回収ネット

 ごみと資源の出し方の詳細については、次のページをご覧ください。資源・ごみパンフレット

5.食品ロスを削減しましょう。

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまった食品のことです。 

 日本では、年間約612万トンの食品ロスが発生しています。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗1杯分のご飯の量を捨てていることになります。

 以下の取組で食品ロスを削減することで、ごみの量を減少できます。

  •  買い物は、まず冷蔵庫の中を見てから行きましょう。
  • 作り置きができれば、まとめ買いもお得です。
  • 余ったおかずは冷凍保存を。
  • 作り置きは、傷みやすいものから食べましょう。

 食品ロスの詳細については、以下のページをご覧ください。

 豊島区の食品ロス削減対策について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2020年5月27日