ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 障害者控除

ここから本文です。

障害者手帳などをお持ちではない高齢者のかたの障害者控除について

65歳以上で、一定の障害状態にあるかたには、身体障害者手帳や愛の手帳等の手帳を所持していなくても、所得税・住民税の障害者控除が受けられる制度があります。

障害者控除が受けられるかたは、次の状態で所定の認定基準を満たしているかたです。

(その状態が確認できれば5年前まで遡って認定します)

  1. 知的障害者に準じる状態であるかた
  2. 身体障害者に準じる状態であるかた
  3. 6か月以上寝たきりの状態にあるかた

(注意)控除を受けるには、所得の申告の際に「障害者控除対象者認定書」が必要となります。くわしくは、担当係まで、お問合せください。

更新日:2015年2月27日