ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 障害者控除

ここから本文です。

障害者控除対象者認定について

   

 障害者控除対象者認定とは

 

年齢65歳以上の高齢者は、身体障害者手帳の交付を受けている方等の他、寝たきり高齢者、認知症高齢者など障害者に準ずる方として、豊島区が交付する障害者控除対象者認定書によって所得税・個人住民税において障害者控除を受けることができます。

 

控除額

  障害者 特別障害者 同居加算(※)
所得税 27万円 40万円 35万円
個人住民税 26万円 30万円 23万円

※扶養されていて、かつ、同居している特別障害者には同居加算があります。

 

 

対象者

 

  • 年齢65歳以上の方
  • 障害者控除の適用を受ける年の12月31日現在、豊島区に住民票がある方
  • 身体障害者手帳等を交付されていない方(一部例外あり)
  • 豊島区の認定基準に該当する方

 

認定基準

  障害の程度 認定基準
要介護等認定を受けている場合 要介護等認定を受けていない場合
障害者 (1)知的障害者(中度又は軽度)に準ずる者 認知症高齢者自立度のランクⅡa又はⅡbに該当する者 医師証明書において認知症高齢者自立度のランクⅡa又はⅡbと証明された者
愛の手帳判定基準表の3度(中度)又は4度(軽度)と同程度の障害を有する者
(2)身体障害者(3級から6級まで)に準ずる者 障害高齢者自立度のランクAに該当する者 医師証明書において、障害高齢者自立度のランクAと証明された者
身体障害者障害程度等級表の3級から6級と同程度の障害を有する者
特別障害者 (1)知的障害者(重度)に準ずる者 認知症高齢者自立度のランクⅢからⅣまで又はMに該当する者 医師証明書において、認知症高齢者自立度のランクⅢからⅣまで又はMと証明された者
愛の手帳判定基準表の1度(最重度)又は2度(重度)と同程度の障害を有する者
精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者と同程度の障害を有する者
(2)身体障害者(1級又は2級)に準ずる者 障害高齢者自立度のランクB又はCに該当する者 医師証明書において、障害高齢者自立度のランクB又はCと証明された者
身体障害程度等級表の1級又は2級と同程度の障害を有する者
(3)寝たきり高齢者 寝たきり高齢者認定基準により認定された者

 

 寝たきり高齢者認定基準

項目 1 2 3 認定基準
①歩行(立ち止まらず、座り込まずに5m程度歩くことができる) つかまらないでできる 何かにつかまればできる できない 6項目すべてが、6ヶ月以上2又は3に該当する場合、「寝たきり高齢者」と認定する
②食事摂取 自分で可    一部介助、見守り等が必要 全面介助が必要 
③排尿 自分で可 一部介助、見守り等が必要 全面介助が必要
④排便 自分で可 一部介助、見守り等が必要 全面介助が必要
④上衣の着脱 自分で可 一部介助、見守り等が必要 全面介助が必要
④ズボン等の着脱 自分で可 一部介助、見守り等が必要 全面介助が必要

 

申請方法について

豊島区役所本庁舎4階 高齢者福祉課窓口に来庁し申請してください。要介護認定を受けている方と受けていない方とは申請方法が異なること、最大5年遡及して認定することもできますので、直接お問い合わせください。

 

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 対象者の介護保険証
  • 申請者の本人確認証(運転免許証など)
  • 申請者の印鑑
  • 区指定の医師証明書(要介護認定を受けていない方は申請に必要ですのでお問合せください)

 

詳しくは、お問い合わせください

申請・お問合せ
豊島区保健福祉部高齢者福祉課地域ケアグループ
〒171-8422 東京都豊島区南池袋2-45-1
電話 03-4566-2430(直通)

更新日:2019年3月15日