ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 住宅計画 > 高齢者向け優良賃貸住宅制度

ここから本文です。

高齢者向け優良賃貸住宅制度

事業の概要・沿革

「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき建設される高齢者のための賃貸住宅です。土地をお持ちのかたに、一定の基準を満たす賃貸住宅を建設していただき「高齢者向け優良賃貸住宅」として供給していただきます。住宅の管理・家賃の徴収・入居者の募集など指定する法人が行います。

豊島区では事業者に対して、供給計画策定費補助、建設費補助、家賃対策補助を行い支援します。この他、税制上の優遇措置もあります。

平成16年度は南池袋三丁目地区福祉基盤等整備事業(旧雑司谷小学校跡地)において、27戸を平成17年3月に供給しました。

また、平成16年度事業者が決まり、千早一丁目に27戸の高齢者向け優良賃貸住宅を平成19年4月に供給しました。

その後、平成21年4月には、上池袋一丁目に10戸を供給開始し、平成24年6月には千早二丁目に21戸を供給開始しました。

現在、高齢者向け優良賃貸住宅は4住宅計85戸供給しています。

高齢者向け優良賃貸住宅の一覧

現在、高齢者向け優良賃貸住宅として供給している住宅は以下のとおりとなります。

高齢者向け優良賃貸住宅の一覧(PDF:107KB)

現在、供給している高齢者向け優良賃貸住宅の一覧です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年10月18日