ホーム > 手続き・届出 > > 税の納めかた > 納税が遅れると・納税が困難なとき

ここから本文です。

納税が遅れると・納税が困難なとき

納税が遅れると

延滞金

納期限を過ぎた区税には延滞金がかかります。

延滞金の利率

納期限後1か月以内

納期限後1か月経過後

平成29年1月1日から

2.7%

9.0%

平成27年1月1日から平成28年12月31日まで 2.8% 9.1%

平成26年1月1日から平成26年12月31日まで

2.9%

9.2%

平成22年1月1日から平成25年12月31日まで

4.3%

14.6%

平成21年1月1日から平成21年12月31日まで

4.5%

14.6%

なお、狭小住戸集合住宅税については条例の定めるところとなります。

督促状が発送された日から起算して10日を経過した日までに納付されなかった場合

  • 定められた納期限までに納税していただけない場合には督促状が発送されますが、督促状が発送された日から起算して10日を経過した日までに納付していただけなかった場合には、区役所は法律に基づき、未納のかたの財産を調査し、差押などの処分を行わなければなりません。
  • 差押財産には給与や年金、報酬、預金などの債権や、絵画や車などの動産、土地や家屋などの不動産など様々なものがあります。
  • 差押は法律に基づいて行うものであり、差し押さえる財産、差し押さえる時期など、滞納されているかたの意思にかかわらず決定し行われます。
  • 差し押さえた財産は、強制的に区が処分し、滞納されているかたの未納税金に充当することになります。

納税が困難なとき

生活保護法による扶助を受けていたり、災害等により納税が困難な場合は、納付方法等について相談することができます。

問い合わせ先:整理第一グループ(03-4566-2362)、整理第二グループ(03-4566-2363)

お問い合わせ

更新日:2017年4月1日