ホーム > 区政情報 > 男女共同参画 > ワーク・ライフ・バランスの推進 > ワーク・ライフ・バランスフォーラム

ここから本文です。

ワーク・ライフ・バランスフォーラム

豊島区では、地域全体へ働き方改革を進めており、その一環として、ワーク・ライフ・バランスに関する講演会を実施しております。

令和2年度「人生100年時代に考える「私の幸せ」~ライフを充実させる人と人とのつながり~」ー※終了

hp

フォーラムチラシ(PDF:382KB)

日時

令和3年3月13日(土曜日)午後2時から4時

会場

としま産業振興プラザ(IKE・Biz)6階・多目的ホール

講師

湯浅誠さん(社会活動家。東京大学特任教授。全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。)

講演内容

hp2R30313HP1

人生100年時代を迎えた今、ライフを充実させるためには、どのように働くかに加え、生活の基盤である「地域」とどのように関わりを持つかという視点も大切になってきています。今回は湯浅誠さんを講師に迎え、「物に囲まれた経済的な豊かさ」だけではなく、「人と人とのつながりによる豊かさ」とは何かを考え、改めて「私にとっての幸せ」を見つめ直す講演会を実施しました。講演に対しては、様々な感想が寄せられ、「一人も取り残さない社会の実現の難しさとともに、それにすでに取り組んでいる方々の多さを知り希望が持てた」「非日常への備えと、日常のつながりを作る大切さを理解できた」などのご感想をいただきました。多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:46名)

平成30年度「ママだけで頑張らない!ワンオペ育児-解消への道-」ー※終了

fujita

フォーラムチラシ(PDF:512KB)

日時

平成31年3月2日(土曜日)午後2時から4時

会場

としま産業振興プラザ(IKE・Biz)3階・研修室2

講師

藤田結子さん(明治大学商学部教授)

講演内容

1424

ブラック企業の働き方になぞらえて、母親が一人きりで育児・家事をする状態が「ワンオペ育児」と呼ばれ問題になっている現在、ワンオペ育児に陥ってしまう要因やこれから家族でできることについて、『ワンオペ育児』の著者である藤田結子さんにご講演いただきました。海外の子育て事情や従来の習慣の見直しについてお話しいただき、グループワークを通じて参加者同士の交流も行いました。講演に対しては、様々な感想が寄せられ、「育児についてもマネジメントが必要というお話しを聞き、視野が広がった」「家事のレベルを下げ、思い込みを改善することが第一歩だと感じた」などのご感想をいただきました。多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:25名)

平成29年度「知っておきたい。仕事と介護を両立するには?」ー※終了

29フォーラム講師写真

フォーラムチラシ(PDF:787KB)

日時

平成29年11月15日水曜日午後6時半から8時半

会場

としま産業振興プラザ6階多目的ホール

講師

飯野三紀子さん(一般社団法人介護離職防止対策促進機構理事)

講演内容

介護と仕事の両立をテーマに、介護に向き合うことになった場合に備え、事前準備としての介護の実態、仕事との両立に向けた介護の初期段階から、段階を追っての心構えについてご講演いただました。

開催報告

29フォーラム様子

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:34名)

講演では、介護をしながら働くことが当たり前の社会を作るために、講師自身の介護の経験や介護の現状、そして実際に介護することになった際の心構え、介護離職しないためのワークスタイルを見直し、といったことが論じられました。介護の現状として、介護離職の原因や職場で起こるケアハラとは何かについてお話しいただき、介護者をとりまく環境を踏まえた上で、仕事と介護の両立のために利用できる制度をご紹介いただきました。介護への心構えの話では、これから介護をしていくために介護者と要介護者を取りまく環境整備に必要なことや、介護者のうつ対策についてお話しいただき、ワークスタイルの見直しの話では、介護に関する支援制度や仕組みを理解することで不安を払拭し、実現可能な両立プランを組み立て実践していく事が重要であるということをお話しいただきました。講演に対しては、様々な感想が寄せられ、「当事者ならではの実感のこもったアドバイスが受けられた」「実例をお話ししながらの講座で大変わかりやすかったです」「介護に積極的に向き合える知識ができた」などのご感想をいただき、盛況のうちに終わりました。

平成28年度「自分のためのワークスタイル改革~ワーク・ライフ・バランスフォーラム~」ー※終了

photo

フォーラムチラシ(PDF:765KB)

日時

平成28年11月16日水曜日午後6時半から8時半

会場

生活産業プラザ3階大会議室

講師

安藤哲也さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事・ファウンダー)

講演内容

講演テーマはワークスタイル改革。労働時間短縮のためのノウハウや、仕事と私生活を両立させるためのコツ、そして両立によるメリットなどについて、具体的にわかりやすくお話しいただきました。

開催報告

photo

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:57名)

講演では、現代の長時間労働によって育児や介護を含む私生活への時間が取れないことや、今後は育児・介護をしながら働く時間に制約のある社員が社会的に増加することが論じられました。その対策として、労働時間短縮のためのノウハウや、仕事と私生活の両立を図るため方法やメリット等を具体的にご紹介いただき、豊かな人生を過ごすためには、寄せ鍋のように仕事だけでなく育児や介護、趣味、地域活動なども積極的に経験したりこなしたりするワーク・ライフ・ハッピーバランスを目指すことが重要であるということをお話しいただきました。
講演に対しては、様々な感想が寄せられ、「働き方、家庭生活に関する捉え方を見直して、楽しくしていきたい。」「寄せ鍋人生にしていきたい。」「お互いを尊重し、夫婦ともに子育てを楽しもうと思います。」などのご感想をいただき、盛況のうちに終わりました。

平成27年度「人生を楽しもう!ワーク・ライフ・ソーシャルの充実~多様な時代を楽しく生きる!ワーク・ライフ・バランスフォーラム~」ー※終了

photo

フォーラムチラシ(PDF:759KB)

日時

平成28年3月4日金曜日午後6時から8時

会場

生活産業プラザ8階多目的ホール

講師

川島高之さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、NPO法人コヂカラ・ニッポン代表)

第1部基調講演

人生1回きりだから、男女とも、仕事(ワーク)、私生活(ライフ)、社会生活(社会生活)の3つ全てを楽しもう!私生活や社会活動の経験は、仕事能力の向上にもつながります。自分にしかできない自分人生のマネジメントを一緒に考える講演会を開催しました。

第2部参加者による交流会

参加者同士で交流を深め、職場の域を超えたネットワークをつくりました。

開催報告

photo

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:48名)

【第1部基調講演】

「仕事か家庭か」の2者選択や「男は仕事、女は家庭」という固定観念を持つのではなく、男性の育児・家事や地域活動へ参加することのメリット、その結果女性の活躍によってもたらされる社会への好影響を論じ、男女とも、仕事、私生活、地域活動、全てをこなすハイブリッドな人生を送ることで、仕事能力が向上するだけでなく、豊かな人生を送ることができるということをお話しいただきました。また、仕事以外の時間を確保するためのノウハウやイクボスの重要性についてもお話しいただきました。
講演に対しては、様々な感想が寄せられ、「普段の仕事のあり方、生活のあり方を見直そうと思いました。」「ソーシャルの充実が個人の充実につながることを部下や後輩に教えていきたい。」「子育てや家事を今まで以上に力を入れてやりたいと思った。」などのご感想をいただき、盛況のうちに終わりました。

27フォーラム交流会

【第2部交流会】(参加人数:14名)

交流会では、第1部の内容に関連して「働きやすい職場づくりのためにできること」をテーマに参加者同士で交流を深めネットワークづくりを行いました。また、第1部の基調講演で質問できなかった職場での悩みや働き方について、皆さんで共有することができました。

更新日:2021年3月22日