ここから本文です。

ふるさと千川館

区民集会室の利用イメージ

ふるさと千川館とは、旧千川小学校体育館を改修工事し、地域における青少年育成及び体育・文化・学習活動の育成振興と地域住民の交流を通して地域の活性化を図る施設です。平成29年4月にオープンしました。地域活動団体の皆様の活動の場として、集会・勉強会・サークル活動などにご利用いただける施設です。

ご利用の前には、利用者登録が必要です(利用者登録前の利用予約は受付できません)。また、利用できないケースもございますので、事前に利用方法や注意事項等をご確認ください。

一般団体の利用者登録について

利用者登録できる一般団体の要件について

ご利用の前には、利用者登録が必要です(利用者登録前の利用予約は受付できません)。利用者登録できる団体は、以下の要件を満たす団体です。

  1. 概ね5名以上で構成される団体であること
  2. 構成員の半数以上が豊島区民(在住・在勤・在学)であること
  3. 代表者又は連絡者(団体の連絡事務処理を担当するため、代表者以外で窓口に来られた方)が、豊島区民(在住・在勤・在学)であること
  4. 代表者及び連絡者は、類似の登録団体の代表者又は連絡者として、重複登録にならないこと
  5. 代表者又は連絡者が、窓口で本人確認書類を提示すること

一般団体の利用者登録方法

利用登録時には本人確認書類が必要です。

利用者登録は、ふるさと千川館の窓口で受付しております。利用者登録できる団体の要件に該当するかをご確認のうえ、窓口に来られる方の本人確認書類(例:運転免許証など)をお持ちになり、直接、ふるさと千川館の窓口にお越しください(区の本庁舎では受付しておりません)。

なお、受付時間は休館日(12月31日と1月1日)以外の午前9時から午後9時までです。

当施設は、青少年育成及び地域コミュニティの醸成を目的に、一般団体とは別に、利用者協議会に参加し、施設利用だけでなく、地域活動への参加をしていただける団体を登録しております。

ふるさと千川利用者協議会について

施設の円滑な運営・公平な利用調整を行うために、登録団体の代表者等で構成されます。施設の利用についての円滑な運営についての他、翌々月の利用日程の調整も行われますので、利用者協議会へは必ず出席をしていただきます。利用者協議会への参加を希望する場合には、申請書をふるさと千川館の窓口でお受け取りください。申請後、最初の利用者協議会で審査を行いますので、利用者協議会にご出席ください。

よくあるご質問と回答(利用者登録)

  • Q1)利用者登録にあたり、登録料や年会費は必要ですか?
  • A1)不要です。
  • Q2)利用者登録にあたり、必要なものは何ですか?
  • A2)窓口に来られる方の本人確認書類が必要です。区民集会室と同じ本人確認書類となります。本人確認書類の種別は以下のリンクをご覧ください。

    利用者登録時における本人確認書類の審査基準

  • Q3)すでに区民集会室や地域文化創造館で登録していますが、別に登録が必要ですか?
  • A3)別の施設のカテゴリーになるため、改めて登録が必要です。
  • Q4)企業でも登録できますか?
  • A4)登録は可能ですが、業務活動としての利用(例:会議や採用面接、販売説明会など)はできません。
  • Q5)登録期限はありますか?
  • A5)利用者登録は、お使いいただいている限りは、そのまま自動更新となります。ただし、2年間ご利用がない場合は登録を抹消します。
  • Q6)利用者登録の申請書はどこにありますか?
  • A6)ふるさと千川館の窓口に備え付けてありますので、そちらで記入してください。事前に記入内容を確認したい場合は、以下のリンクをご覧ください。

    ふるさと千川館利用者登録申請書(ワード:28KB)

  • Q7)区の本庁舎で登録できますか?
  • A7)区の本庁舎では登録受付をしておりません。直接、ふるさと千川館の窓口で登録手続きをお願いします。

公共施設予約システムについて

公共施設予約システムとは

公共施設予約システムの利用イメージ

「公共施設予約システム」とは、利用状況の確認、空き枠への申込、使用料納入前の利用取消など、様々なことがインターネットを通じて24時間可能になるシステムです。

利用者登録が済んだ団体には、このシステムを利用するためのIDをお渡しします。

なお、最初にシステムを利用する際は、初期設定が必要になります(初期設定の方法は後述しています)。

公共施設予約システムの初期設定方法

公共施設予約システムをご自宅のインターネットから操作するには、まず初期設定(パスワードの登録)が必要になります。設定方法については、下記リンク先をご覧ください。

公共施設予約システムの初期設定方法

よくあるご質問と回答(公共施設予約システム)

  • Q1)発行されたIDが分からない(もしくは忘れた)場合はどうすればよいか?
  • A1)利用者登録証に記載しておりますので、そちらをご覧ください。利用者登録証がない場合は再発行になります(お電話での回答はしておりません)。登録団体の代表者もしくは連絡者が、ふるさと千川館の窓口に本人確認書類をお持ちになり、利用者登録証の再発行を申請してください。
  • Q2)設定したパスワードが分からない(もしくは忘れた)場合はどうすればよいか?
  • A2)まだシステムを利用したことがない場合、まずはシステムの初期設定をしてください。既に初期設定をされているがパスワードを忘れてしまった場合、登録団体の代表者もしくは連絡者が、ふるさと千川館の窓口に本人確認書類お持ちになり、パスワードの初期化申請をしてください(お電話でのパスワードの回答、窓口以外でのパスワード初期化処理はできません)。パスワード初期化後、再度、初期設定をしてください。
  • Q3)ふるさと千川館以外の施設で登録したIDがあるが、予約はできるか?
  • A3)利用方法が異なりますので、別に新たな登録が必要になります。
  • Q4)ふるさと千川館で登録したIDかどうかを確認する方法はあるか?
  • A4)ふるさと千川館で登録したIDの場合、登録しているIDの1~2番目の文字がFS(fs)になっております。

利用方法について

抽選後の空き枠への申込

申込イメージ

利用予約は、利用する月の前月の初日(休館日を除く)の午前9時以降から受付いたします。施設予約システムを使ってお申込みされる場合は、利用日の1週間前までに手続きしてください。また、ふるさと千川館の窓口でお申込みされる場合も、利用日の1週間前までに手続きしてください。

 

ただし、利用上限は、ふるさと千川館の各室合計で、月16コマ(1時間を1コマと計算)までです。

(例:平成29年7月1日分の抽選後の空き枠を申し込む場合)

  • 申請期間…平成29年6月1日(木曜日)~平成29年6月24日(土曜日)

使用料の支払について

使用料

申請日から利用日の1週間前までに(休館日を除く)に、ふるさと千川館の窓口で使用料をお支払ください。

使用料支払後の流れ

使用料をお支払いただいた際、利用承認書と領収書を発行いたします。この利用承認書は、施設利用時にお持ちください。また、領収書は、キャンセルする際の還付金請求時に使用します。大切に保管しておいてください。

使用料支払に関する注意事項

  1. 使用料の支払方法は、ふるさと千川館の窓口への入金のみです。銀行振り込みには対応しておりません。窓口の受付時間は午前9時から午後9時です。
  2. ふるさと千川館の窓口以外で、使用料を納入することはできません。また、他施設(区民集会室や地域文化創造館)の使用料をふるさと千川館で納入することもできません。
  3. 指定期日までに使用料の納入がない場合、予約は取消いたします。
  4. 釣銭が不足しています。お支払の際、なるべく釣銭のでないように、ご協力をお願いいたします。

利用の変更

利用を変更される場合、利用する部屋と使用料が同じ範囲での変更であれば、1度のみ、受付期間内の日時に変更ができます。

それ以外の場合、利用を取消したうえでの再申請になります。

利用の取消と使用料の還付(返金)

1週間前(休館日を除く)までに取消をした場合、納入済みの使用料は、半額還付(返金)します。ただし、天災等による施設側からの取消の場合は、全額還付いたします。

還付手続きには、「使用料納入時の領収書」と、「受取人の印鑑」が必要です。これらがないと還付手続きができませんので、必ずお持ちください。また、ふるさと千川館の窓口以外では、還付手続きはできません。

利用上の注意事項

ご利用をお断りするケース

禁止事項のイメージ

ふるさと千川館をご利用いただくにあたり、以下のルールを守っていただく必要があります。これらに違反する場合、もしくは過去に違反した事実があった場合、現在のご利用の取消や今後のご利用をお断りします。

なお、以下のルール以外にも、部屋によりで独自のルールがある場合があります。

  1. 会費及び入場料は、実費相当分以上を徴収してはならない。
  2. 販売及び宣伝を目的とした利用をしてはならない。ただし、バザー及び不用品交換は除く。
  3. 営利団体の業務活動(会議及び採用活動等)としての利用をしてはならない。ただし、区民の福祉増進及び文化生活の向上に寄与する活動を行う場合を除く。
  4. 特定の政党、政治団体及び政治家への支持拡大又は誹謗を目的とした利用をしてはならない。ただし、政治問題講演会、団体名及び個人名を冠さない報告会等は除く。
  5. 特定の宗教に対する布教又は誹謗を目的とした利用をしてはならない。ただし、一般的な宗教研究及び世俗化したイベントは除く。
  6. 暴力団の活動に資する利用(暴力団の名称等の掲示及び暴力団関係者の参加等)をしてはならない。
  7. テレビ、ラジオ、インターネットでの放送及び雑誌への掲載を目的とした利用をしてはならない。ただし、団体内部の機関紙等は除く。
  8. 飲酒や飲食を主たる目的とした利用をしてはならない。ただし、席上の飲料等は除く。
  9. 室外に音が響く利用(大音量の楽器演奏及び発声等)をしてはならない。
  10. 施設や備品を破損するおそれがある利用(一部のボールを用いたスポーツ等)をしてはならない。
  11. 大きな道具(ドアから入りきれない程度)を持ち込んではならない。
  12. 他の利用者及び近隣住民の迷惑になる利用をしてはならない。
  13. 利用後は清掃のうえで利用前と同じ状態に戻し、利用時間内に管理人の点検をうけなければならない。
  14. 発生した廃棄物は、利用団体の責任で、持ち帰らなければならない。
  15. その他、施設の利用規定及び管理者の指導に従わなければならない。

施設案内(区民集会室の一覧情報)

ふるさと千川館を利用できる時間帯(休館日を除く)

  • 午前9時~午後5時までと午後5時30分~午後9時30分までの1時間単位
  • 午後…13時~17時
  • 夜間…17時半

ふるさと千川館の住所・電話・受付時間・休館日

施設名

所在地

(併設施設)

電話番号

窓口受付時間
(休館日のぞく)

休館日

ふるさと千川館

要町3-55-18

3958-9737

※平成29年4月1日以降

9時~21時

年末年始(12月31日~1月1日)

窓口受付時間に関する注意事項

ふるさと千川館では管理員が1名体制であるため、窓口受付時間であっても、不在にする時間がございます。お電話がつながらない場合、恐れ入りますが、しばらくたってから再度おかけ直しください。また、来館される場合、なるべく事前に電話確認していただくことをお勧めいたします。

室場及び使用料

施設名

広さ

使用料

ふるさと千川の部屋

約50㎡

1時間 200円

まちづくり・仲間づくりの部屋

約50㎡

1時間 200円

多目的ホール 約356㎡ 1時間 1,000円

※多目的ホールにおいてボール等を用いる種目で認められているものは、ミニバスケットボール・卓球・バドミントンなどです。フットサルや中学生以上のバスケットボール、バレーボールでは利用できません。利用可能な種目については施設に確認の上、ご利用ください。

お問い合わせ

更新日:2017年11月13日