ここから本文です。

消費生活展

事業の概要

区内の消費者団体が日頃の活動成果を展示発表する場として、昭和48年から毎年開催しており、令和2年で第48回目を迎えます。
食品添加物、健康、省エネ、リサイクルから環境問題まで、消費生活における身近な問題や疑問、くらしに役立つちょっとした工夫など、消費者の立場からわかり易く紹介することで消費生活の向上と啓発を図ることを目的としています。

令和2年度・第48回豊島区消費生活展を開催しました

新型コロナウイルス感染防止対策のため、例年より規模を縮小して開催いたしました。SDGs17

多くの方のご来場をいただき、誠にありがとうございました。

  • テーマ:考えよう!つくる責任・つかう責任~SDGsを知っていますか~ SDGs12
  • 日時:令和2年9月18日(金曜日)
  • パネル展示:午前10時~午後1時
  • 講演会「知らなきゃ!マイクロプラスティックと私たちの暮らし」:午後1時30分~午後3時

【講師】農民連食品分析センター所長/八田純人氏

  • 会場:としまセンタースクエア(区役所本庁舎1階)
  参加団体 テーマ テーマに関するSDGsのゴール

消費者

団体

豊島区消費者団体連絡会 SDGsを暮らしに活かそう!

SDGs12

北東京生活クラブ生協

まち豊島

Rびんから地球環境を考える

SDGs7

コープみらい東京2ブロック委員会 コープみらいのSDGsの取り組み

SDGs3

生協パルシステム東京

豊島委員会

備えて安心:『防災 決定版』

SDGs13

東京第一友の会 雑司が谷方面 プラスチックフリーを考える

SDGs15

東京保健生活協同組合

豊島協議会

みまもりあって“地域まるごと健康づくり”

SDGs3

新日本婦人の会 豊島支部 国産種子を守ることは、私たちの命を守ること

SDGs2

協賛団体

環境政策課 みんなでクール・チョイス(COOL CHOICE)!!

SDGs13

企画課 豊島区が「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」にダブル選定!  
ごみ減量推進課 豊島区のリデュース・リユース・リサイクル

SDGs12

防災危機管理課 ウィズ・コロナ時代の「避難」とは… 避難所での感染拡大を防ぐために

SDGs11

消費生活センター エシカル消費について

SDGs4 SDGs11

 

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

令和2年度

メイン・テーマ 次世代へ渡そうとしまのすこやかライフ みんなのくらし、どう選ぶ?どう守る? 考えよう!つくる責任・つかう責任 考えよう!つくる責任・つかう責任 考えよう!つくる責任・つかう責任
参加団体 15団体 17団体 20団体 20団体 12団体
来場者数 786人 771人 718人 758人 338人
開催場所 としまセンタースクエア としまセンタースクエア としまセンタースクエア としまセンタースクエア としまセンタースクエア
開催日時

9月16日(金曜日)午後1時~午後6時

9月17日(土曜日)午前10時~午後3時

9月22日(金曜日)午前10時~午後5時 9月21日(金曜日)午前10時~午後5時 9月20日(金曜日)午前10時~午後5時

9月18日(金曜日)

パネル展示:午前10時~午後1時

講演会:午後1時30分~午後3時

 


【第48回豊島区消費生活展の様子】

 6077-2 HP-2

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、午前と午後の2部制で開催しました。

 

HP-8 HP-7

HP-6 HP-5

午前中は参加団体によるパネル展示。

今年は消費者団体7団体と協賛団体4団体が参加しました。

SDGs、防災、食品ロス、環境問題、健康、エシカル消費など…各団体の取り組みについて内容盛りだくさんの展示となりました。

 

kouen-2 kouen-4

午後は農民連食品分析センター所長・八田純人氏による講演会「知らなきゃ!マイクロプラスティックと私たちの暮らし」を行いました。

私たちの生活にも影響する問題を身近な例を用いてわかりやすく説明してくださり、

マイクロプラスティック問題について理解を深める機会となりました。

参加された方からは「初めて知って勉強になった」「環境のために自分にできることをしたい」などの感想が聞かれました。

 

お問い合わせ

更新日:2020年12月15日