ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 豊島区のがん対策~がんによる「早すぎる死」を減らすために > がん患者のウィッグ・胸部補整具等購入費用助成事業

ここから本文です。

がん患者のウィッグ・胸部補整具等購入費用助成事業

事業概要

がん患者の方の就労などの社会参加を支援するため、がん治療に伴い、脱毛が生じたり、乳房の切除等を行った区民の方を対象に、ウィッグ・胸部補整具等の購入実費(消費税含む、上限10,000円)を助成します。

対象

以下の要件をすべて満たす方

(1)申請日時点で、本区に住所を有することが、原則として住民基本台帳上で証明できる方

(2)がんと診断され、現在その治療を行っている方または、過去にがんの治療に伴い乳房を切除した方等、補整具等を必要とする方

(3)がんの治療に伴う脱毛、乳房の切除等により、就労、社会参加等に支障があり、または支障が出る恐れがあり、補整具等が必要な方

(4)本事業において助成金の交付を受けたことのない方、また他の助成制度等の対象となっていない方。ただし、既に本事業において助成金の交付を受けた方が、異なる区分の補整具を申請する場合には、この限りではありません。(例.過去にウィッグの助成申請をした方が、その後、乳がん治療に伴い乳房等を切除し、胸部補整具を購入した場合は、本事業による助成申請をすることができます。)

助成額

購入実費(消費税を含む、上限10,000円)

助成金交付までの流れ

1.交付申請

以下の書類を郵送またはご持参ください。

必要書類

送付・受付先

〒170-0013

豊島区東池袋4-42-16池袋保健所

地域保健課がん対策・健康計画グループ宛て

 

 

 

 

申請にあたっての注意事項
  • 申請が可能な期間は、購入日(領収書等に記載の日付)の翌日から1年以内です。
  • 他の法令等に基づく、同種の助成等を受けている方は対象となりません。
  • ウィッグ本体に含まれない付属品(スタンド等)やケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)、購入送料、申請に必要な証明書にかかる費用等は対象ではありません。
  • 領収書は原本の提出が必要です。インターネット等で購入されて領収書が発行できない場合は、購入者名(申請者名)、購入日、購入品名、金額、購入先名称及び所在地が記載されているページを印刷してご提出ください。
  • ご提出いただいた書類は返却できません。

2.交付(不交付)決定の通知

審査結果を郵送でお知らせします。

(注)申請書を当月25日までに受理したものは、当月末に結果を郵送します。

(26日以降に受理したものは、翌月末に結果を郵送します。)

3.助成金の交付

助成金交付となった方には指定口座に助成金を振り込みます。(交付決定通知から約1か月後)

問い合わせ先

地域保健課がん対策・健康計画グループ:03-3987-4243

お問い合わせ

更新日:2021年8月27日