ここから本文です。

犬の飼い方

犬を飼う前に

 一度飼った動物は生涯飼い続けましょう。

命あるものを尊び、終生飼い続けられることを前提に、飼う場所の確保、食糧費・治療費・ワクチンや狂犬病予防注射・不妊、去勢手術費など経済的負担に加え、終末介護など、生涯変わらぬ愛情を注ぐことが必要になります。

きちんとしつけて、動物が人の生命・身体や財産を侵害しないように、また、フン尿や鳴き声で近所に迷惑をかけないように、十分な配慮が必要になります。フン尿は飼い主が始末するのが当然のマナーです。

飼い主の一部にはこれらのマナー違反から、損害賠償事件に発展するなどの深刻なトラブルも発生しています。

犬の登録制度

申請・届出先は、犬の所在地の区市町村です。

鑑札の交付(再交付)

生後91日以上の犬を飼い始めた方は、30日以内に犬の登録を申請し、鑑札の交付を受けてください。また、鑑札を紛失したときは、鑑札の再交付を受けてください。なお、登録は犬の生涯に1回です。

 

 

鑑札の交付

鑑札の再交付

受付場所

池袋保健所

東部区民事務所

西部区民事務所

池袋保健所

手数料

3,000円

1,600円

 

狂犬病予防注射済票の交付(再交付)

生後91日以上の犬を飼い始めた方は、30日以内に狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けてください。翌年度以降の狂犬病予防注射は、毎年1回、4月1日から6月30日の間に受けてください。当該年度の注射済票を紛失したときは、再交付を受けてください。

 

 

注射済票の交付

注射済票の再交付

受付場所

池袋保健所

池袋保健所

手数料

550円

340円

 

※鑑札と注射済票は必ず犬に着けてください。迷子札ともなります。なお、登録のない犬には、注射済票の交付はできません。

死亡届

登録を受けた犬が死亡してしまったときは死亡届を提出してください。死亡届は電話でもお受けします。電子申請もできます。

電子申請のページへ

変更届

犬の所在地・所有者の住所の変更、また所有者を変更したときは、変更届を提出してください。

  1. 区外から区内に転入されたときは、転出先の「鑑札」「注射済票」を池袋保健所までお持ちください。 (鑑札を受付窓口にお持ちでない場合は、再交付手数料がかかります)
  2. 区外に転出されたときは、お持ちの「鑑札」「注射済票」を転入先にご持参ください。
  3. 豊島区内での住所変更は、池袋保健所に変更届を提出してください。(「鑑札」は引き続き使います)
  4. 譲渡を受けたときは、前の飼い主から「鑑札」「注射済票」も譲り受けてください。変更届の記載に際しては、前の飼い主の住所、名前も必要となります。

受付窓口

  池袋保健所

狂犬病予防注射月間

毎年4月~6月は、狂犬病予防注射月間です。

豊島区では、毎年4月に狂犬病予防週間を実施しています。

  • 犬の登録をしている方に、3月下旬に次年度の狂犬病予防注射のご案内を発送します。
  • 予防注射会場や動物病院の受診に際しては、「飼い犬の注射済票交付申請書」をお持ちください。合わせて、犬の体を清潔にし、犬をしっかり制御できる方がお連れください。犬のフン等を始末するための袋なども持参してください。犬に異常がある場合、事前に獣医師にご相談ください。
  • 予防注射会場に行かれる方は、予防注射会場で注射済票の交付を受けられます。
  • 予防注射会場以外に行かれる方は、動物病院発行の注射済証明書と「飼い犬の注射済交付申請書」を保健所に提出し、注射済票の交付を受けてください。
  • 狂犬病予防注射の案内が届かないときは、生活衛生課にお問い合わせください。
  • 期間中に狂犬病予防注射を受けられないときは、動物病院で狂犬病予防注射を受け、病院発行の注射済証明書と「飼い犬の注射済交付申請書」を保健所に提出し、注射済票の交付を受けてください。

 狂犬病予防注射未了のお知らせ(督促書)を発送します。

今年度の狂犬病予防注射の届けがない犬の飼い主あてに、8月下旬頃に池袋保健所から狂犬病予防注射未了のお知らせ(督促書)を発送します。

督促書が届いた飼い主は、速やかに犬に予防注射を受けさせ、池袋保健所にお届けください。

(行き違いで督促書が発送される場合がありますが、その際はご容赦ください)

 飼い犬のしつけ

 犬も社会生活に適応するよう基本的なしつけが必要です。本や雑誌を読んだり、しつけ教室に参加したりしましょう。必要に応じて、獣医師や訓練士などの専門家に相談しましょう。

しつけのポイント

  • 犬の都合に合わせるのではなく、犬を好ましい方向に導く。
  • 飼い主の目を見たらほめる。
  • 教える内容、方法等を家族で統一する。
  • 良い行動や好ましい行動をしたらほめる。
  • 困った行動を叱るのではなく、原因を考える。
  • 体罰は絶対にしない。どならない。おどさない。

飼い主のマナーと責任

 犬が健康に過ごすためには、毎日の散歩が欠かせません。ただし犬は汗をかけないので、夏場の暑い時間の散歩は避けましょう。また、散歩の途中にお店に立ち寄るなどの行為は、飼い主の目が届かない状態となるためしないでください。

フン・尿の始末

トイレは散歩の前に済ませましょう。散歩のときは、処理袋などを用意し、フンは、必ず持ち帰りましょう。尿は、水で洗い流すなどの配慮も必要です。

引き綱

散歩や人が集まる場所では、必ず引き綱をつけてください。引き綱は、犬を制御できる方が短く持ち、確実に保持してください。

身元表示

鑑札、狂犬病注射済票を犬に着けなければいけないことになっています。また、飼い主の連絡先を書いた迷子札やマイクロチップを装着すると、犬が逸走したときに飼い主がすぐに判明します。

飼い犬が人をかんだとき、飼い主がなすべきこと

  飼主がなすべきこと
事故発生直後 被害者の応急手当や医療機関への受診同行など、必要な措置を確実に行う。
24時間以内 事故発生から24時間以内に「保健所に咬傷事故発生届」を提出する。
48時間以内 48時間以内に獣医師を受診し、「かんだ犬の狂犬病の感染検査」を受ける。

 犬の動物由来感染症(例)

  • 狂犬病

狂犬病は、哺乳類すべてに感染し、発症すると死亡率はほぼ100パーセントに達し、現在、治療法はまったく無いというとても恐ろしい病気です。世界では毎年多くの人が狂犬病で亡くなっています。

    厚生労働省ホームページ(狂犬病)へ(新しいウィンドウで開きます)

  • 皮膚糸状菌症、かいせん症、はくせん症

犬の皮膚病のうち糸状菌(カビの仲間)やかいせん(ダニの一種)によるものは、人にもうつることがあります。また、人の水虫(白癬菌症)は人から犬にうつることがあります。

  • エキノコックス症

ノネズミを食べることで感染します。犬のフンの中の虫卵が水や食物を介して人の口に入ると長い年月の後に肝障害などの症状を起こします。犬に寄生したエキノコックスは薬で駆除できます。

犬との共通感染症にならないために

  •  口うつしで食べ物を与えるなど、濃厚な接触をしない。
  • 犬の体や生活環境を清潔にする。
  • ふん・尿は早めに処理し、排泄物を扱った後はよく手を洗う。
  • 日頃から犬の健康状態に注意し、様子がおかしければ早めに獣医師の診察を受ける。
  • 飼い主自身や家族の健康状態に注意し、異常があれば医師の診察を受ける。

台湾での狂犬病の発生について

 台湾は、日本と同様に狂犬病が発生していない世界でも数少ない地域のひとつでしたが、2013年7月に、52年ぶりに野生のイタチアナグマに狂犬病の感染が確認され、その後、イタチアナグマに咬まれた飼い犬1頭の狂犬病の感染が確認されました。

現在、日本での狂犬病の発生はありませんが、狂犬病の侵入には警戒が必要です。狂犬病を予防するために、飼い犬に年に1回の狂犬病予防注射の接種を必ず受けさせてください。また海外へ渡航する際は、むやみに動物に接触しないようご注意ください。

  東京都保健福祉局ホームページ(お知らせ)(新しいウィンドウで開きます)

  厚生労働省検疫所ホームページ「FORTH」(新しいウィンドウで開きます)

飼い犬を迷子にさせてしまったとき

 犬の保護情報が保健所、管轄の警察署や動物愛護相談センターに届けられていることがありますので問い合わせましょう。区境にお住いの場合は、隣接区の保健所にも問い合わせましょう。

  動物愛護相談センターへ(新しいウィンドウで開きます)

飼い犬が死んだとき

 清掃事務所が有料で死体の引取り、火葬等をします。民営の動物霊園では、死体の引取り、火葬、納骨、法要まで行ってくれるところもあります。保健所への死亡届も忘れずにお願いします。

  連絡先 豊島清掃事務所 電話番号:03-3984‐9681

  取扱手数料:1頭につき3,000円(25キログラム以下)

犬のフンで困ったとき

犬のフンの処理は、飼い主の責任です。区では飼い主に呼びかける啓発プレートを無料で配布しています。啓発プレートは、池袋保健所(東池袋1-20-9)5階生活衛生課窓口で配布しています。

知っておきたい犬の法律等(抜粋)

 法の趣旨を理解し正しく飼いましょう。

狂犬病予防法

  1. 生後91日以上の犬を飼い始めたら、30日以内に犬の登録をすること。
  2. 生後91日以上の犬には、毎年1回、狂犬病予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受けること。
  3. 鑑札と注射済票は、必ず犬につけておくこと。
  4. 犬が死亡した時や犬の所在地、飼い主の住所などで登録内容に変更があったときは、届けを出すこと。

動物の愛護及び管理に関する法律

  1. 動物を命あるものと認識し、動物をみだりに殺したり、傷つけたり、苦しめたりすることのないようにすること。
  2. 飼い主は動物の習性を考慮して、その動物を一生にわたり適正に飼養すること。
  3. 飼い主は、動物が人に迷惑を及ぼさないよう努めること。
  4. 繁殖を希望しない飼い主は、動物に不妊去勢等を行うように努めること。
  5. 飼い主は動物が自分の所有であることがわかるよう、所有明示をしておくこと。また、逃げださないよう対策をとっておくこと。
  6. 愛護動物を殺傷した者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処せられます。また、愛護動物を遺棄・虐待した者は100万円以下の罰金に処せられます。

 ※愛護動物とは、牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる。また、これら以外で人が飼っている哺乳類、鳥類、爬虫類をいう。

東京都動物の愛護及び管理に関する条例

  1. 飼い主は、動物の本能・習性を理解し、飼い主としての責任を自覚して、正しい飼い方をすること。
  2. 寿命のある限り飼い続けるよう努めること。
  3. えさや水は、きちんと与え、犬舎の内外を清潔にしておくこと。
  4. 異常な鳴き声、悪臭、汚物等で他人に迷惑をかけないこと。
  5. フン等で、公共の場所や他人の土地を汚さないこと。
  6. 犬は囲いの中で飼うか、人に危険のない場所でつないで飼うこと。
  7. 犬の種類、健康状態などに応じて適正に運動させること。
  8. 犬に適切なしつけをすること。
  9. 犬を飼っていることを示す標識を、門などの人の見やすい場所に貼っておくこと。
  10. 逃げてしまったときは、自分で探し、収容すること。
  11. 飼っている犬が人を咬んだ場合は、24時間以内に届け出て、48時間以内に狂犬病かどうかについて、獣医師に診察してもらうこと。

 

お問い合わせ

更新日:2019年8月28日