ここから本文です。

動物由来感染症

動物由来感染症とは、動物から人に感染する病気の総称です。

人や物(動物も含む)の国際的移動、土地開発等による自然環境の変化、野生動物のペット化などを背景として、いままでになかったような感染症が発生したり、昔あった感染症が再発生したりしています。

病原体を保有する動物との過度の接触や噛まれるなどで感染症が移ることがあります。

主な動物由来感染症

病名 症状 感染経路等 予防
狂犬病 かまれた場所の知覚異常、不安感、興奮、麻痺、錯乱等の神経症状 感染した犬・猫・きつね等にかまれる唾液に接触する 飼い犬には、年2回の狂犬病予防注射を受けさせる
エキノコックス症 初期には上腹部の不快感・膨満感
進行すると肝機能障害
北海道のキタキツネが主な感染源
糞中に病原体(虫卵)排泄したものを口から入る
  • キタキツネなどとの接触を避ける
  • 犬も感染した野ネズミを食べて感染するため、放し飼いをしない
オウム病 突然の発熱(38度以上)インフルエンザのような症状
重症になると呼吸困難・意識障害を起こす
鳥(セキセイインコ・オウム・鳩など)の糞に含まれる菌を吸い込む
  • 鳥を飼うときは、羽や糞が残らないように清潔にする
  • 口移しにえさを与えない
レプトスピラ症 症状に個人差があり、悪寒・発熱・腹痛や下痢・頭痛・嘔吐など 菌はネズミの尿中に排泄され、これに汚染された水や土壌を介して感染 ネズミの駆除と環境整備
パスツレラ症 かまれた場所が赤くはれる軽症 犬の75%・猫の97%の口中に普通に見られる。掻き傷・かみ傷 犬や猫にかまれたり、引っかかれた場合は傷口をよく洗う
重病熱性血小板減少症候群(SFTS) 発熱・全身倦怠感・消化器症状
重症になると意識障害・出血症状など
マダニに咬まれて感染する。日本では、西日本で発生があり春から秋にかけて発生が多い。 マダニに咬まれないよう草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には、肌の露出を少なくする。
コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 発熱・鼻汁排泄等の風邪に似た症状
咽頭痛や咳など
国内では、猫との接触または飛沫による感染が強く疑われた事例が報告されている。 くしゃみや鼻汁等の風邪様の症状や皮膚病を呈している動物との接触を控え、触れ合った後は手洗い等を行なう。
カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症 発熱・倦怠感・腹痛・吐き気・頭痛など
重症化すると敗血症・髄膜炎・多臓器不全など
犬や猫等の動物の口の中に普通に見られる細菌で、主に咬傷・掻傷から感染する。 動物との節度ある触れ合いを心がけ、咬まれたり、引っ掻かれたりたりしないように気を付ける。

(注釈)主な動物由来感染症の種類は、厚生労働省発行の「動物由来感染症ハンドブック」より引用したものです。

動物由来感染症を防ぐには

動物由来感染症をふせぐには、日常生活において次のような注意が必要です。

  1. 過剰な触れ合いは控えましょう
    細菌やウイルス等が動物の口の中やつめにいる場合があるので、口移しでエサを与えたり、スプーンや箸の共用は止めましょう。また、動物を布団に入れて寝ることも、濃厚に接触することになるので止めましょう。

  2. 動物にさわったら、必ず手洗い等をしましょう
    動物は、自身には病気を起こさなくても、人に病気を起こす病原体を持っていたり、動物の毛にカビの菌糸や寄生虫の卵等がついていることがあります。また、知らないうちに動物の唾液や粘液に触れたり、傷口等にさわってしまうこともあるので、動物にさわったら必ず手洗い等をしましょう。
  3. 動物の身の回りは清潔にしましょう
    飼っている動物はブラッシング、つめ切り等、こまめに手入れをするとともに寝床も清潔にしておきましょう。小屋や鳥かご等はよく掃除をして清潔に保ちましょう。タオルや敷物、水槽等は細菌が増殖しやすいので、こまめな洗浄が必要です。
  4. フン尿は速やかに処理しましょう
    フン尿が乾燥すると、その中の病原体が空気中を漂い、吸い込みやすくなります。フン尿に直接ふれたり病原体を吸い込んだりしないよう気をつけ、早く処理しましょう。
  5. 室内で鳥などを飼育する時は換気を心がけましょう
    羽毛や乾燥した排せつ物、塵埃等が室内に充満しやすくなります。ケージや室内のこまめな清掃のほか、定期的に換気に努めましょう。
  6. 砂場や公園で遊んだら、必ず手を洗いましょう
    動物が排せつを行いがちな砂場や公園は注意が必要です。特に子供の砂遊び、ガーデニングで草むしりや土いじりをした後は、十分に手を洗いましょう。また、フンを見つけたら速やかに処理しましょう。
  7. 野生動物の家庭での飼育や野外での接触は避けましょう
    野生動物はどのような病原体を保有しているか分かりません。野生動物には触らないようにしましょう。なお、野生動物の肉や内臓(ジビエ)を食べる場合は、生食をせず、中心部までしっかり加熱しましょう。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省(新しいウィンドウで開きます)

特定動物及び動物取り扱い業について

人に危害を与えるおそれがある危険な動物(ワニなど)「特定動物」を飼うには、あらかじめ都知事の飼養許可が必要です。

特定動物の範囲と区分については、「東京都動物の愛護及び管理に関する条例」で定められています。

詳しくは東京都動物愛護相談センターへ

東京都動物愛護相談センター(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

生活衛生課生活衛生グループ

電話番号:03-3987-4175

更新日:2018年8月16日