ここから本文です。

敬老入浴事業

豊島区に住民登録のある65歳以上のかたに健康増進に活用していただくため、区内の銭湯に100円で入浴できる「としま・おたっしゃカード」を発行しています。


「としま・おたっしゃカード」

「としま・おたっしゃカード」とは、4月から翌年3月末までの1年間の利用回数が入っている(付与されている)ICカードです。
銭湯にカードを提示することで、年間最大30回利用できます。

 

お申込みについて

65歳の誕生日を迎えたかたはいつでもお申込み可能です。
※申込み月によって、今年度中の利用回数が減りますのでご了承ください。

ハガキによるお申し込み

銭湯などで配布しているチラシの専用はがきか、下記の「としま・おたっしゃカード申込書」を印刷してご利用ください。
チラシは、区内の銭湯・区民ひろば・区民事務所・高齢者総合相談センター・高齢者福祉課で配布しています。
はがき到着後、ご自宅にカードを郵送します。

としま・おたっしゃカード申込書(PDF:38KB)
おたっしゃカードの申込書です。はがきに貼付してお送りください。

【郵送先】
郵便番号:171-8422
宛先:豊島区保健福祉部高齢者福祉課高齢者事業グループ

 

インターネットによるお申し込み

お申込みフォームに必要事項をご記入し、送信下さい。
お申込み内容を確認後、ご自宅にカードを郵送します。

お申し込みフォームへのリンク(東京都共同電子申請・届出サービスへリンクします。)(新しいウィンドウで開きます)

更新について

「としま・おたっしゃカード」は毎年4月になると銭湯で自動更新ができます。

  1. 4月以降銭湯を利用するときに、カードを提示し100円をお支払いください。
  2. 新年度のポイント(30回)が付与され、その日の入浴分1回が差し引かれます。
  3. カードの更新のみは出来ませんので、必ず銭湯を利用する際にお持ちください。

ポイントを使い切った場合は、4月まで失くさずに手元にお持ちください。
また、ポイントが残っていても次年度に繰り越しはされません。

1年以上ご利用がない時は銭湯では更新が出来ません。高齢者福祉課までお問い合わせください。

紛失した場合

カードを紛失した場合は、手数料500円で再発行できます。
高齢者福祉課の窓口に、お名前のわかるもの(マイナンバーカード・運転免許証・保険証など)を持ってお越しください。
代理のかたが窓口にお越しになる場合は、ご本人の委任状と委任を受けた方のお名前のわかるものが必要です。
委任状(PDF:45KB)

利用できる銭湯

豊島区内の銭湯でご利用いただけます。

区内の銭湯の場所は、豊島区浴場組合のホームページをご覧ください。

豊島区浴場組合のホームページにリンクします(新しいウィンドウで開きます)

浴場ミニデイサービス事業(湯友サロン)

豊島区に住民登録のある65歳以上の方を対象に、区内の銭湯で1時間程度の健康体操をした後、100円で入浴を楽しむ事業を行っています。

詳しくは以下のページをご覧ください。

浴場ミニデイサービス事業(湯友サロン)

 

お問い合わせ

更新日:2022年3月3日