ここから本文です。

文化・観光・イベント・祭り

多様な文化と芸術のまち

豊島区には、アニメやコスプレ大型店が多くあり、コスプレパレードが池袋で行われるなど、日本のサブカルチャーの拠点となっています。また、東京芸術劇場をはじめ劇場や演劇スタジオが点在し、演劇イベントが多く行われる演劇のまちでもあります。

そのほかに、豊島区には地域それぞれに伝統的な行事や祭り、社寺や建物があり、地域のかたがまちを盛り上げています。

 

マンガアニメの写真

池袋ハロウィンコスプレフェス

フェスティバル/トーキョーの写真
フェスティバル/トーキョー
(C)Kazuyuki Matsumoto

地域ごとの見どころ

地域ごとの見どころを一部紹介します。

  • 駒込エリア:日本を代表する桜、ソメイヨシノ発祥の地です。文化人の墓がある染井霊園も春には桜が咲き誇ります。ソメイヨシノアーカイブでは歴史も学べます。
  • 巣鴨エリア:お地蔵様で有名な巣鴨の高岩寺など、多くの寺院があります。4のつく日には縁日があり、多くの人でにぎわいます。
  • 大塚エリア:都電大塚駅から向原駅間の沿線には、地域のかた達の手でバラが約1,200株植えられ、毎年5月、10月に見ごろを迎えます。8月後半には大塚阿波踊りが開催されます。
  • 東池袋エリア:アニメやコスプレ店が並ぶ乙女ロードや、サンシャイン60ビルでは、最先端のサブカルチャーが楽しめます。Hareza池袋の劇場では、多彩な公演が行われます。
  • 西池袋エリア:池袋西口公園を中心に、ふくろ祭りや音楽イベントなどで盛り上がります。周辺には立教大学や自由学園明日館など、歴史と気品を感じる建物があります。豊島区立郷土資料館では区の歴史も学べます。
  • 雑司が谷エリア:鬼子母神堂など多くの寺院があり、雑司が谷七福神めぐりなどで散策がおすすめです。10月には万灯行列が見事な「御会式」があります。
  • 目白エリア:緑が美しい学習院大学があり、神田川沿いでは春に桜が楽しめます。
  • 椎名町~南長崎エリア:昭和の初めには芸術家たちが集まり「池袋モンパルナス」と呼ばれ、高度成長期には、手塚治虫をはじめとする漫画家たちが多く暮らしていた「トキワ荘」があった地域です。2020年には、トキワ荘マンガミュージアムがオープンします。また、熊谷守一美術館などの文化資源があり、魅力あふれる芸術のまちです。 

区内の主要イベント

3月~5月

  • 染井よしの桜祭り、各地さくら祭り
  • 長崎神社獅子舞
  • 春の大塚バラまつり
  • 池袋ジャズフェスティバル
  • 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館 ほか

6月~8月

  • 鬼子母神盆踊り大会 雑司が谷鬼子母神境内(雑司が谷)
  • にゅ~盆踊り
  • 東京フラフェスタin池袋
  • 東京大塚阿波おどり(大塚) ほか

9月~11月

  • ふくろ祭り、東京よさこい
  • 御会式 雑司が谷鬼子母神
  • 池袋オータムカルチャーフェスティバル
  • フェスティバル/トーキョー
  • すがも中山道菊まつり(眞性寺・高岩寺など) ほか
  • 染井よしの桜のふる里秋祭り ほか
  • 大田楽 いけぶくろ絵巻

12月~2月

  • クリスマスツリーイルミネーション点灯(立教大学ヒマラヤ杉など)
  • 節分会 鬼子母神(雑司が谷)ほか

更新日:2020年9月17日