ホーム > まちづくり・環境・産業 > 土地・開発 > 土地取引 > 土地を有償(売買・交換など)で譲渡しようとするときの届出義務(公有地法)

ここから本文です。

土地を有償(売買・交換など)で譲渡しようとするときの届出義務(公有地法)

「公有地の拡大の推進に関する法律」に基づき、一定規模以上の土地を有償(売買・交換など)で譲渡しようとするときは、事前に豊島区へ届け出ることが必要です。

平成24年4月1日から「公有地の拡大の推進に関する法律」による土地の先買い制度に関する事務が区の区域内に係るものについては区に権限移譲されました。これに伴い、届出書の宛名及び通知書に記載される通知者が東京都知事から豊島区長に変更となります。届出される場合はご注意ください。

東京都都市整備局のホームページ(新しいウィンドウで開きます)

届出対象

  1. 次の土地が(一部でも)含まれる土地取引で、土地の面積が200平方メートル以上のものを有償で譲渡しようとする場合
    • 都市計画施設(都市計画決定された道路・公園等)の区域内にある土地
    • 都市計画区域内で道路法により「道路の区域として決定された区域」、都市公園法により「都市公園を設置すべき区域として決定された区域」にある土地
  2. 上記1を除く土地で、5,000平方メートル以上の土地を有償で譲渡をしようとする場合

届出をしないで土地取引をしたり、虚偽の届出などをすると50万円以下の過料に処せられることがあります。

都市計画施設等についての詳細は、まちづくり情報コーナーへお問い合わせください。

届出期間

土地を譲渡しようとする日の3週間前まで

届出の受理

財産運用課用地グループ 電話番号:03-3981-4571

必要書類

  1. 届出書
  2. 位置図(縮尺25,000分の1程度の地形図に当該土地の位置を示したもの)
  3. 周辺状況図(周囲の状況が分かる住宅案内図等に当該土地の位置を示したもの)
  4. 平面図(公図の写しに当該土地の位置を示したもの)
  5. その他(必要に応じて委任状等)

届出書は財産運用課(区役所本庁舎7階)にあります。また、このページからダウンロードすることもできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2018年4月18日