マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 食品衛生 > 新しくお店をはじめる時の申請について

ここから本文です。

新しくお店をはじめる時の申請について

食品に関する営業には、営業の形態や扱う食品によっていろいろな種類(業種)があります(例:飲食店営業、菓子製造業など)。窓口で、営業したい内容を相談し、必要な営業許可を取得してください。

営業許可を受けるためには、以下のことが必要です。

  • 都条例に規定された「施設基準」に合致した施設を作る。
  • 営業所を担当する保健所に営業許可の申請をする。

申請の際には、下記リンクの「よくある質問」もお読みください。

営業許可申請に関するよくある質問

また、お祭りやイベントなどの時に食べ物を提供したり、試飲・試食などを行う際には営業許可は必要ありませんが、届出が必要となる場合があります。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

お祭り・イベントなどで食品を取扱う際の届出について

許可までの流れ

事前相談

施設の工事着工前に設計図等を持参の上、事前にご相談ください。

申請書類の提出

書類は施設工事完成予定日の10日くらい前に提出してください。

施設が完成していても、10日ほど余裕をみて申請書類を提出してください。

施設検査の打合せ

申請の際、担当者と工事の進行状況の連絡方法や検査日時の相談をしてください。

施設完成の確認検査

検査の際には、営業者が立ち合ってください。

なお、施設基準に適合しない場合は許可になりません。不適事項については改善し、改めて検査日時を決めて再検査を受けてください。

営業開始

施設基準に適合を確認した後に、営業を開始していただきます。

許可書の交付

営業許可書の受領の際は、印鑑をご持参ください(サインによる受領も可能です)。

なお、許可書の交付には、1週間程度かかりますのでご注意ください。

施設基準

営業施設の基準には、すべての業種に必要な共通基準と、業種ごとに必要な特定基準が定められています。

詳細は、池袋保健所生活衛生課食品衛生担当へお問い合わせください(連絡先はページ最下部にあります)。

また、東京都福祉保健局のホームページにパンフレットが掲載されておりますので、そちらもご利用ください。

東京都福祉保健局ホームページ(一般営業施設での営業)(新しいウィンドウで開きます)

必要書類

個人の場合

  • 営業許可申請書1通
    (同一店舗で5業種まで記入できます。)
  • 営業許可の大要・配置図2通
    (同一店舗で複数の業種の許可を受ける場合は、申請する業種の数に1通足した枚数を用意してください。)
  • 許可申請手数料
    (申請手数料は業種によって異なります。)
  • 水質検査成績書
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの
    (調理師免許証、食品衛生責任者手帳など)
  • 営業許可申請書

法人の場合

  • 営業許可申請書1通
    (同一店舗で5業種まで記入できます。)
  • 営業許可の大要・配置図2通
    (同一店舗で複数の業種の許可を受ける場合は、申請する業種の数に1通足した枚数を用意してください。)
  • 許可申請手数料
    (申請手数料は業種によって異なります。)
  • 登記事項証明書1通
  • 水質検査成績書
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの
    (調理師免許証、食品衛生責任者手帳など)
  • 営業許可申請書

水質検査成績書

食品を取り扱う際に貯水槽使用水(タンク水)や井戸水等を使用する場合、水質検査成績書が必要です。水質検査項目は以下のとおりです。

検査する必要がある項目

営業用水の種類

検査項目数

水道法の水道により供給される水(直結)

検査は不要

水道事業者の供する水道水を原水とする貯水槽水道により供給される水(貯水槽)

9項目

水道水以外の水(井戸水)

26項目(注釈1)

(注釈1)水道法による水質基準の全項目(50項目)をおこなった場合でも、「大腸菌群」、「有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)」及び「有機リン」の検査が含まれていないので、これらの検査が必要です。

水質検査後1年未満のものであれば、コピーでも結構です。

検査項目の詳細については以下のリンクをご覧ください。

水質検査について(詳細)

注意:許可後も年1回以上水質検査をおこない、使用水の安全を確認し、成績書を保管してください。

食品衛生責任者

食品衛生責任者を施設ごとにおくことが必要です。

食品衛生責任者の資格

  1. 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者若しくは船舶料理人の資格又は食品衛生管理者若しくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者
  2. 食品衛生責任者の資格取得のための講習会修了者

講習会は、社団法人東京都食品衛生協会が、東京都から委託を受けて実施しています。日程や空席状況など、詳しくは社団法人東京都食品衛生協会にお問いあわせください(なお、申込用紙と講習会開催日程・会場等の案内は保健所窓口でも配布しております。)

社団法人東京都食品衛生協会(新しいウィンドウで開きます)

包装食品のみを販売する営業

食品の販売業のうち、食肉販売業、魚介類販売業、食料品等販売業及び乳類販売業の営業許可については、下の表のような分類があります。「包装」に分類される営業については、施設基準の一部が緩和されており、「一般」に比べ、設備の一部を省略することができます。

詳細は、池袋保健所生活衛生課食品衛生担当へお問い合わせください(連絡先はページ最下部にあります)。

営業許可の申請の際には、自分の店の施設設備の状況や取り扱う食品など、どちらの分類になるかよく検討した上で、申請してください。

なお、営業許可の有効期間中に、分類の変更はできませんので、ご注意ください。

営業許可の分類による営業の内容の違い

 

業種

営業許可の分類

一般

包装

営業の内容

食肉販売業、魚介類販売業、食料品等販売業

包装済みの食品の販売のほか、包装されていない食品の小分け販売など

包装済みの食品の販売のみ

乳類販売業

陳列ケースによる店頭販売のほか、乳類の配達など

陳列ケースによる店頭販売のみ

営業許可の有効期間中に分類の変更はできませんが、有効期間満了に伴う許可の更新の際に変更することは可能です(ただし、施設の改修が大規模になるなど、営業許可を新規に受け直すことが必要である場合を除きます)。

その他の営業形態(自動車、移動、行商)

食品に関する営業といっても、いろいろな種類があります。

これらのうち、次の営業については、食品衛生法または東京都食品製造業等取締条例などによる営業の許可または届出が必要です。

詳細は、池袋保健所生活衛生課食品衛生担当へお問い合わせください(連絡先はページ最下部にあります)。

1自動車による食品営業

営業をおこなうには、まず、所管する保健所に営業許可申請をおこない、知事が定めた施設基準に合致した施設をつくり、営業許可を受けることが必要です。

  • 業種
    • 飲食店営業(自動車)
    • 喫茶店営業(自動車)
    • 菓子製造業(自動車)
    • 食肉販売業(自動車)
    • 魚介類販売業(自動車)
    • 乳類販売業(自動車)
    • 食料品等販売業(自動車)
  • 内容
    自動車(ただし、二輪のものを除く。)に施設を設け移動して、食品を調理加工及び販売する形態のものをいう。

なお、営業許可の申請先は以下のとおりです。

  • 都内に仕込場所がある場合は、仕込場所の所在地を所管する保健所
  • 都内に仕込場所がなく、都内に営業の拠点(事務所、車庫など)がある場合は、その拠点の所在地を所管する保健所
  • 都内に仕込場所及び営業の拠点がなく、都内に住所がある場合は、その所在地を所管する保健所
  • 上記のいずれにも該当しない場合は、営業地を所管する保健所

2移動営業(引車)

営業をおこなうには、まず、所管する保健所に営業許可申請をおこない、知事が定めた施設基準に合致した施設をつくり、営業許可を受けることが必要です。

  • 業種
    • 飲食店営業(移動)
    • 菓子製造業(移動)
  • 内容
    引車により随時移動し、食品を製造し、加工し、または調理し、これを客に飲食させる形態のものをいう。

3行商

行商をおこなうには、まず、所管する保健所に届出をおこない、鑑札および記章の交付を受けることが必要です。

  • 業種
    • 菓子(行商)
    • アイスクリーム(行商)
    • 魚介類(生きているものを除く)及びその加工品(行商)
    • 豆腐及びその加工品(行商)
    • 弁当類(行商)
    • ゆでめん類(行商)
    • そう菜類(行商)
  • 内容
    上に掲げる食品(缶詰食品、びん詰食品および容器包装詰加圧加熱殺菌食品を除く)を人力により移行しながら販売(不特定または多数の者に対する販売以外の授受を含む)する形態のものをいう。

お問い合わせ

更新日:2018年2月22日