ここから本文です。

豊島区都市づくりビジョン

事業の概要・沿革

都市づくりビジョンとは

都市計画法第18条の2に基づいて定められた「都市計画に関する基本的な方針」の通称です。

区は都市づくりビジョンに基づき、都市づくりを進めていきます。

都市づくりビジョン策定の経緯

豊島区では、平成12年に都市計画に関する基本的な方針である「豊島区都市計画マスタープラン」を策定し、豊島区基本構想で掲げた都市像の実現に向けて都市づくりに取り組んできました。しかし、本格的な人口減少、少子・超高齢社会の到来、東日本大震災の発生等、豊島区の都市づくりを取り巻く環境は大きく変化しています。

こうした状況の変化に対応しつつ、将来を見据えた都市計画に関する基本的な方針とするため、これまでの都市計画マスタープランを基本に「新たに追加する」、「強化・充実する」、「継続する」という視点から見直すとともに、都市整備と密接に関わるソフト施策を含めた都市づくりの総合的な指針として「豊島区都市づくりビジョン」を策定しました。

都市づくりビジョンの役割

  • 都市づくりの基本理念と目標、それを実現するための都市整備方針を示します。
  • 多様な主体と都市づくりの方向性を共有し、国や東京都、隣接区などとの連携を推進します。
  • 区による都市計画決定やまちづくり事業を実施するにあたっての判断根拠となります。
  • 都市整備と密接に関わるソフト施策と連携した都市政策の推進を担います。

都市づくりビジョンの目標年次

概ね20年先の平成47(2035)年を都市づくりビジョンの目標年次とします。

また、人口動態の推移、上位計画の改定、東京都の「不密地域不燃化10年プロジェクト」の進捗状況など、都市づくりを取り巻く環境の変化に的確に対応していくため、概ね10年後の平成37(2025)年に見直します。

なお、社会経済情勢や都市づくりの動向が大きく変化した場合には、必要に応じて見直していきます。

都市づくりビジョンの構成

  • 第1章 豊島区都市づくりビジョンの策定
  • 第2章 豊島区の現状と特性
  • 第3章 豊島区の都市づくりにあたっての立脚点
  • 第4章 目標を実現するための都市づくり方針
  • 第5章 東京の魅力を担う池袋副都心の再生方針
  • 第6章 地域別まちづくり方針
  • 第7章 都市づくりビジョンの実現に向けて

 

都市づくりビジョン本文

都市づくりビジョンの冊子について

都市づくりビジョンは、本冊子と概要版があります。

都市計画課、行政情報コーナー、区内図書館で閲覧することができます。

また、行政情報コーナーで、購入することもできます。

本冊子1,300円、概要版400円です。

お問い合わせ

更新日:2016年11月28日