ここから本文です。

池袋駅周辺地域基盤整備方針2018

基盤整備方針は、池袋駅周辺地域まちづくりガイドライン(平成28年7月)に示す、公民が連携した池袋駅周辺地域の都市再生を展開していくために必要となる都市基盤のあり方や整備方策等を示すものです。公民の関係者間で都市基盤の将来像を共有することにより、都市再生事業の進捗に併せた都市基盤の再編、拡充整備を進め、都市機能の更新を図ります。

この度、池袋駅周辺地域再生委員会において「池袋駅周辺地域基盤整備方針2018」を取りまとめましたのでお知らせします。

池袋駅周辺地域基盤整備方針2018【本編】(平成30年5月)(PDF:4,738KB)

池袋駅周辺地域基盤整備方針2018【概要案】(平成30年5月)(PDF:3,632KB)

 

検討経緯

平成27年7月に第1回池袋駅周辺地域再生委員会を開催し、基盤整備方針の検討体制の確認を行いました。その後、下部組織である基盤検討部会において調整を図り、平成29年5月に中間まとめを作成、平成30年2月にパブリックコメント制度に基づく意見募集を行い、平成30年5月の第7回池袋駅周辺地域再生委員会において、池袋駅周辺地域基盤整備方針2018を取りまとめました。

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部交通・基盤担当課長

更新日:2018年6月14日