ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 建築関係の事業者の方へ > 助成事業・補助事業 > 特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震補強設計補助事業

ここから本文です。

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震補強設計補助事業

豊島区内の特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震補強設計について、助成金を交付します。

助成対象建築物

  1. 昭和56年5月31日以前に建築された建築確認を受けた特定緊急輸送道路沿道の建築物で、建築物の高さが接する特定緊急輸送道路の中心からその部分までの距離を越えるもの
  2. 原則として、建築基準法及び関係法令に適合していること
  3. 耐火建築物又は準耐火建築物であること

助成対象者

建物所有者、共有の場合は代表者、区分所有の場合は管理組合の代表者

助成金の交付額等

耐震補強設計に要する費用(ただし、助成対象基準額※を上限とします。)の3分の1

*助成対象基準額=延べ面積×助成基準単価(1平方メートル当たりの上限額)

  • 助成基準単価 延べ面積1,000平方メートル以下の部分・・・5000円/平方メートル、延べ面積1,000平方メートルを超え2,000平方メートル以下の部分・・・3500円/平方メートル、延べ面積2,000平方メートルを超える部分…2000円/平方メートル
  • 事前相談が必要ですのでご注意ください。

緊急輸送道路

東京都耐震ポータルサイト(外部サイトへリンク)(新しいウィンドウで開きます)…「特定緊急輸送道路図」をご参照ください。

東京都との関連を装った診断業者にご注意ください

東京都との関連を装い、耐震診断の実施や助成金の申請業務の代行を申し出る業者に関する相談が相次いでいます。強引な勧誘にご注意ください。

関連情報

お問い合わせ

更新日:2016年8月29日