ホーム > 防災・安全 > みんなでつくるセーフコミュニティとしま

ここから本文です。

みんなでつくるセーフコミュニティとしま

セーフコミュニティとは

セーフコミュニティとは、世界保健機関(WHO)が推奨する、安全・安心まちづくりの国際認証制度です。5年ごとに再認証の審査があります。

豊島区は、2012年11月、世界で296番、日本で5番目、東京では初めて、この国際認証を取得しました。また、同時に区立朋有小学校が、世界で103番目、日本で3番目となる「インターナショナル・セーフスクール」の国際認証を取得しました。豊島区セーフコミュニティ

「けがや事故等は、偶然の結果ではなく、原因を究明することで必ず予防できる」との理念に基づき、「横断的な連携・協働」と「科学的手法の活用」により、生活の安全と健康の質を高めていく活動を続けています。

セーフコミュニティ再認証の取得が決定しました

平成29年11月6日(月曜日)から8日(水曜日)まで3日間にわたり、セーフコミュニティ国際認証の再認証取得に向けた現地審査が行われました。

今回の現地審査にあたっては、セーフコミュニティ認証センターから審査員のミカエル・グブリナー氏とル・パイ氏が派遣され、各対策委員会の取り組みなどのプレゼンを聴取しました。さらに、障害者の安全を確認するまち歩き調査や、セーフコミュニティの拠点である区民ひろばの視察、池袋駅西口周辺での環境浄化パトロール等にも参加しました。

最終日には審査員講評が行われ、「豊島区は、セーフコミュニティの指標を満たす多くの取り組みをされている。今後さらに良い取り組みを行っていただき、世界のコミュニティと共有されることを期待しています」と高く評価いただきました。

11月20日に正式な再認証取得の決定通知を受け、平成30年2月に再認証の式典が行われます。

セーフコミュニティ国際認証センターからの通知(PDF:399KB)

まんがでわかるセーフコミュニティとしま事故やケガを防ぐにはどうすればい?セーフコミュニケーションについて学んでみよう!

English/MangapresentingToshimaCity-Asafecommunity

セーフコミュニティの推進体制

scau

セーフコミュニティ取り組みの経緯

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年12月4日