ここから本文です。

フロアガイド・展示室のご紹介

フロアガイド

トキワ荘通り昭和レトロ館フロアガイド

展示のご案内

1階

多目的室1 特別企画展「これも学習マンガだ!展 ~私たちをとりまくセカイとミライ~」

koremo_ex_golgo“マンガを学ぶ、マンガで学ぶ”をテーマにした企画展を開催します。特集展示コーナーではテーマの異なる3作品を会期を分けて展示します。第1期特集作品(12月18日まで)は『ゴルゴ13』!第2期・第3期はホームページ等で順次お知らせします。

特別企画展Webサイト(新しいウィンドウで開きます)

※会期:11月3日(木祝)から3月26日(日)まで

※画像©さいとう・たかを/さいとう・プロダクション

 

 

 

民間施設「マンガナイトBOOKS」「Eギャラリー」「マンガピット」

(一社)マンガナイトが運営する民間施設です。詳細は下記Webサイトよりご覧ください。
「マンガピット」Webサイト(新しいウィンドウで開きます)

2階

展示室1「矢島勝昭 昭和のくらしギャラリー」

tenji1郷土史家矢島勝昭氏による、昭和の暮らしを描いた原画等を展示します。矢島氏自身が体験した昭和10~20年代の日常生活を優しいタッチで描いています。

 

 

 

展示室2「昭和のくらし ~昭和40年頃の日常~」

tenji2かつての和室6畳間の生活を再現展示します。白黒テレビ、真空管ラジオ、電気炊飯器など家電製品が広く普及した頃の暮らしぶりをご覧ください。

 

 

 

展示室3 企画展「昭和のおもちゃコレクション」

tenji3part1お手玉、おりがみ、万華鏡、積み木など古典的なものから、キューブ型パズル、オセロゲーム、ドールハウス、ミニカーなど、比較的新しいものまで展示し、実際に手に取って体験できます。

※会期:11月3日(木祝)から3月26日(日)まで

 

 

展示室4 企画展「おもちゃの鉄道DE池袋駅」

tenji4part1豊島区が誕生した昭和7(1932)年と現在の池袋駅構内をトイレールで忠実に再現しています。この90年間で池袋駅構内の様子が大きく変わったことがよくわかります。

※会期:11月3日(木祝)から3月26日(日)まで

 

 

多目的室2 特別企画展「タイムトリップ 豊島区の90年」

timetrip昭和から平成にかけて撮影された風景と、ほぼ同じ場所から撮影した現在の風景を比較。時代の移り変わりを読み解きます。また、ジオラマ作家として著名な山本高樹氏による人世横丁と神田川のジオラマを初公開します。

トキワ荘通り昭和レトロ館(昭和歴史文化記念館)特別企画展

※会期:11月3日(木祝)から3月26日(日)まで

 

 

 

 

お問合せ

トキワ荘通り昭和レトロ館(豊島区立昭和歴史文化記念館)

  • 所在地:〒171-0052 東京都豊島区南長崎3丁目4番10号
  • 電話:03-3565-6991
  • ファクス:03-3565-0061

お問い合わせ

文化デザイン課施設整備グループ

電話番号:03-3981-1476

更新日:2022年11月16日