ここから本文です。

 

生物多様性

生物多様性とは?

生物多様性イラスト

地球上の全ての生きものは一つひとつに個性があり、互いに直接的、間接的に支え合って生きています。このような生きものたちの豊かな個性とつながりのことを生物多様性といいます。

私たちの暮らしは、生物多様性のもたらす恵みに支えられており、その恵みを将来にわたって享受できるよう、生物多様性の損失を食い止め、持続可能な社会の実現に向けた取組みを行うことが求められています。

豊島区では、平成31年3月に改定した環境基本計画において、生物多様性地域戦略を策定し、生物多様性を高めるために様々な取組みを行っていきます。

 

としま生きものさがし

生物多様性について理解や関心を持っていただくためには、豊島区にどんな生きものがいるか、2022ポスター

区民の皆さま自身で調べ、感じていただくことが大切です。

 (令和4年度「としま生きものさがし2022」は調査期間を終了いたしました。

多くの参加者様に生きもの発見レポートをご提出いただきありがとうございました。)

 

調査で集まった生きもののデータは、環境省運営のWebサイト「いきものログ」(新しいウィンドウで開きます)

にもデータを登録し、広く公開する予定です。

また、ニュースレターを年に1回発行し、としまの生きもの情報を発信していきます。

過去のとしま生きものさがし(区内生態調査)結果報告

身近な自然にふれあい生物多様性を感じていただける機会として、区民の皆さま自身が生きものを調べる、としま生きものさがし(区内生態調査)を夏季に開催しています。皆さまから寄せられた生きものの情報や写真を紹介しています。

としま生きものさがし結果報告はこちら

ニュースレター

R4としま生きものさがしニュースレター表紙令和3年号(PDF:1,073KB)令和3年夏に開催した、としま生きものさがし(区内生態調査)の結果を

紹介しています。見つけた生きもののランキングや、身近な生きもののコラムを紹介しています。

令和2年号(PDF:3,510KB)令和2年夏に開催した、としま生きものさがし(区内生態調査)の結果を

紹介しています。区内では珍しい生きものの情報や、小学校ビオトープの様子を紹介しています。

令和元年号(PDF:3,300KB)令和元年夏に開催した、としま生きものさがし(区内生態調査)の結果を

紹介しています。これまでの調査では見つかっていなかった生きもの情報や、夏に開催した2019としま

エコライフフェアをとりあげています。

平成30年号(PDF:3,136KB)平成30年夏に開催した、としま生きものさがし(区内生態調査)の結果を

紹介しています。また、報告件数の多かったトンボのはなしや、区内のおすすめ生きもの観察スポットを

とりあげています。

専門家による生態調査

都市化が進んだ豊島区では、学校や公園などの緑地やビオトープは、生物にとって貴重な生息空間となっています。

区では、生物多様性の保全のため、数少ない水辺環境であるビオトープにおいて専門家による生態調査を行っています。

年度別生態調査報告書 調査場所
令和元年度生態調査報告書(PDF:4,298KB) 池袋本町小学校、南長崎はらっぱ公園
令和2年度生態調査報告書(PDF:6,313KB) 南池袋小学校、西巣鴨小学校、仰高小学校、南長崎はらっぱ公園
令和3年度生態調査報告書(PDF:4,430KB) 清和小学校、池袋第三小学校、目白小学校、南長崎はらっぱ公園

としま生きものガイドブック

生きものガイドブック表紙普段生きものに関心や馴染みのない方にも、身近な生きものを知ることで生物多様性について理解してもらう

きっかけをつくることをめざし、区内で見られる生きものを紹介する「としま生きものガイドブック」を

2020年3月に改訂しました。

過去のイベントや生態調査の結果をふまえ、生物多様性の意義や生きものの探し方のほか、身近な植物、昆虫類、

鳥類、その他小動物を写真、イラストでわかりやすく紹介しています。

 

区役所6階環境政策課窓口において配布していますので、ぜひご覧ください。

 

としま生きものガイドブック表紙~10P(PDF:5,638KB)

としま生きものガイドブック11P~22P(PDF:2,240KB)

としま生きものガイドブック23P~34P(PDF:2,184KB)

お問い合わせ

環境政策課環境計画グループ

電話番号:03-3981-1597

更新日:2022年10月18日