ここから本文です。

ジャンプ東池袋の過去の様子を紹介します

ジャンプ東池袋のホームページにこれまで掲載した活動状況を紹介します。

令和元年度

ジャンプ合同ライブを開催しました。

1月26日(日曜日)に大塚にあるライブハウス「ウェルカムバック」で、ジャンプ東池袋とジャンプ長崎との合同ライブを開催しました。現在のジャンプ利用者バンドだけでなく、ジャンプ卒業生バンドも駆けつけてくれました。参加者と来場者合わせて100名弱が集い、大盛り上がりでした。

合同ライブ合同ライブ2

シアターワークショップをおこないました。

2月5日(水曜日)に、初の取り組みとなる参加型の即興劇づくりをおこないました。テーマは「物語の世界に入ろう」で、中高生や職員が参加しました。劇中での出来事について「有罪・無罪について考える」という難しい内容でしたが、ひとりひとりが考え意見を述べました。

わーく

利用者の要望に応えました!

月に一度利用者の声を聞く「利用者会議」で、要望が多かった『任天堂SWITCH』や、今話題のマンガ『鬼滅の刃』や『五等分の花嫁』が図書コーナーで読めるようになりました。これからも皆さんの意見を運営に活かしていきます。ご協力よろしくお願いします。

スイッチ

ジャンプ冬休み若者食堂を行いました。

学校の冬休み期間(12月23日より1月7日まで)ジャンプ若者食堂を実施しました。

メニューは利用者会議でリクエストの多かったシチューやラーメン、オムライスなどの人気メニューとなりました。

地域のボランティアの方々のご協力により、毎日日替わりのおいしいお昼ご飯が提供されました。

また果物やお米、ハムや京野菜などの寄付も頂き、ありがとうございました。

omuraisu

「ジャンプロックフェス」を開催しました。

池袋のライブハウス、アブソリュートブルーで「ジャンプロックフェス」を開催しました。

バンドやオタ芸、歌と様々なジャンルでのライブとなりました。

スペシャルゲストとしてプロの方にも出演していただき、中高生にも良い刺激になりました。

raibu

池袋エイズフェスに参加しました。

東京都エイズ啓発拠点ふぉー・てぃー主催のイベント「池袋エイズフェス‘19」にジャンプ東池袋の利用者が参加しました。

中池袋公園の野外舞台でアニメソングなどを熱唱し、素晴らしいパフォーマンスで観客を魅了しました。エイズフェス

 

 

 

 

 

としま映像教育プロジェクトで、映画を制作しました。

今年で4回目となる、としま映像教育プロジェクトに参加し、映画制作をおこないました。今回のジャンプの映画作りのコンセプトは「脱力系ニュース」です。中学生2名と高校生1名が企画から台本の作成、出演、撮影まで携わりました。プロの方からカメラ等の機材の使い方や、演技を教わりながらみんなで楽しく撮影しました。完成した映画は11月10日(日曜日)に開催したスキップまつりにて上映され、会場は笑いに包まれました。

じゃぐりんぐ

てんき

区民ひろば朋有まつりに参加しました。

11月9日(土曜日)の午後から、ジャンプの1階にある区民ひろば朋有にて朋有まつりが開催されました。ジャンプからは中高生の社会貢献活動として、チョコバナナ店を出店しました。またステージでは中学生がジャグリングを、高校生が歌を披露して大盛況でした。banana朋有じゃぐりんぐ

 

第2地区青少年育成委員会秋のゲーム大会に参加しました。

11月9日(土曜日)の午前中から、朋有小学校にて育成委員会秋のゲーム大会がおこなわれました。第2地区内の3ヶ所のスキップが集まり、得点を競い合います。ジャンプは「もじもじくん」ゲームをしました。文字を集めて、言葉を作るゲームです。お昼には育成委員会の方が作った手作りの美味しいカレーライスが振る舞われました。育成ゲーム

子どもスキップまつりに参加しました。

11月10日(日曜日)に、としまセンタースクエアにて第3回子どもスキップまつりが開催されました。ジャンプを紹介する展示をはじめ、としま映像教育プロジェクトで作成した映画の上映をしました。更に今年はジャンプの高校生と子育てひろば朋有の小学生がコラボして「パプリカ」を演奏しました。その曲に合わせてスキップ朋有の小学生が踊りました。豊島区長をはじめ、多くの来賓の方がいるなかでの演奏や踊りでしたが、会場のお客さんの暖かい声援のおかげで、無事成功することが出来ました。パプリカ

 

 

中央図書館でジャンプの活動を展示しました。

10月25日(金曜日)から11月21日(木曜日)まで、中央図書館の特設コーナーでジャンプの活動の展示を行いました。テーマは「今ドキの中高生にオススメの本聞いてみた!」です。利用者から聞いたオススメの本を展示しました。図書館展示

ジャンプ若者食堂に食材の寄付をいただきました。

地域の方々からかぼちゃやりんご、柿などの寄付がありました。かぼちゃはハロウィンパーティーでスイートパンプキンにしていただきました。りんごと柿はそのままおいしくいただきました。ありがとうございました。kabptya柿
りんご

インプロシアターTILT(ティルト)の公演がありました

10月3日(木曜日)に即興演劇集団TILT(ティルト)による公演をホールで行いました。公演は青少年自殺予防対策事業の一環で、観客を主人公とした即興劇の公演を通じて自己肯定感を高め、将来に希望が持てるような体験をしてもらうことを目的としています。参加した中高生を巻き込んでストーリーが展開する内容に引き込まれ、あっという間に1時間が過ぎました。参加した中高生の夢から「医師になりたい」「鳥になって空を飛びたい」を取り上げ、夢を持って生きる素晴らしさを感じさせてくれる劇に、参加した中高生は元気をもらいました。

ティルト公演

スタジオを利用している高校の文化祭へ行って来ました。

9月は文化祭シーズンです。毎週末行われた文化祭に、音楽スタジオで練習しているバンドやホールでダンスの練習をしている高校へ、仲間たちと盛り上がっている様子を観て来ました。9月の音楽スタジオやホールの鏡の前は、空きのない日が続きました。その練習の成果を目の当たりにして、楽しい時間を共有することができました。ダンスbunnkasai

 

サマフェス大盛況でした

8月23日(金曜日)にジャンプ館内にて、ライブと縁日イベントが融合した「サマフェス」を開催しました。朝からの雨にも関わらず、たくさんの方に来ていただきました。ホールでのライブもとても盛り上がりました。雨のため、中屋上で予定していた水を使ったお店は、室内にシートを敷いて行いました。今年は若者に流行中のタピオカ屋もあり、大人気でした。サマフェスライブの様子サマフェス2019の様子

 

ジャンプ夏休み若者食堂を行いました。

昨年に引き続き、夏休みジャンプ若者食堂を行いました。今回は夏休み最初の1週間と2学期直前の1週間の実施の予定でしたが、食材等の寄付もあり延べ21日実施しました。地域の方・夏休み体験ボランティア・立教大生・若者のいのちを守るハートプロジェクトの帝京平成大学大学院生のボランティアの皆さんに支えられた事業です。8月の食堂メニューは、7月の利用者会議で聞いたリクエストでカレー・オムライス・ラーメンなど人気メニューが続きました。

食堂の様子

若者食堂リクエストメニュー

区民ひろば朋有えんにちと盆踊りに参加しました

区民ひろばえんにちの様子7月21日(日曜日)にジャンプ東池袋に併設する「区民ひろば朋有」で行われたイベントに「ジャンプ写真館」として参加しました。当日は高校生2名がスタッフとして参加しました。花火風景などを背景とした写真撮影に、多くの方が参加してくれました。

「ここにいるよ」イベントに出演しました。

7月13日(土曜日)にとしまセンタースクエアで行われた子ども若者支援ネットワークイベント「ここにいるよ」に、スタジオ利用者がステージ出演しました。普段とは違い、アコースティック編成での演奏で、来場者を惹きつける演奏を披露してくれました。演奏の様子

 

 

 

 

バスケットボールが新しくなりました

新しいボール6月の利用者会議で、ジャンプに欲しいものについて意見を聞いたところ、要望の多かったバスケットボールを購入しました。毎日フルで利用のある屋上のバスケットボール。暑い時期ですが、水分補給しながら新しいボールで楽しんでいただければと思います。

屋上バスケットボールのゴールネットも貼り換えました

バスケネット張り替えの様子屋上バスケットボールのゴールネットが劣化して切れてしまいました。そこで普段屋上を利用している利用者の高校生が張り替えてくれました。なんでもできる高校生、たのもしいです。

iPad入りました

IPADの様子これまでの貸し出し用パソコンに代わり、iPadを2台貸し出しできることになりました。インターネットでの検索や動画を観る等で利用できます。希望の方は受付で声をかけてください。

3ON3大会を行いました

バスケ大会の様子職員企画のイベントJAKY(ジャッキー)として、5月15日(水曜日)に屋上でバスケットボール3ON3大会を行いました。部活等の事情で中高生の参加が少なかったのですが、ジャンプ利用者卒業生(OJ)が集まり一緒に盛り上げてくれました。

 

屋上バスケ盛り上がってます

屋上が連日賑わっています。新中学1年生から高校生まで、バスケトボールや野球(ソフトバット)、バドミントンなどで常に予約が入る状況です。最近は中学生も高校生と一緒になってバスケットの試合をするなど異年齢で遊ぶ姿が日常的にみられます。屋上の様子

屋上のシートの張り替えも終了しました。

池スタ(ジャンプ東池袋音楽スタジオの会)毎月やっています

スタジオ利用者が月1回集まり、音楽好きなバンドマン同志の交流やスタジオ機材等の要望をスタッフと話し合うプログラムです。4月は20日(土曜日)に実施し、アイスを食べながら夏フェス(ジャンプのホールを利用したスタジオ利用者ライブ)について意見交換しました。

今回「スタジオ団体登録を考えているあなたへ(PDF:353KB)」というチラシを作成しました。ジャンプ東池袋でバンド活動中の方も、これから利用したいとお考えの方もぜひご覧ください。

 

春休み若者食堂が終了しました

やきそばしょうが焼き春休み期間(3月22日より4月7日まで)実施した春休み若者食堂が終了、多くの方に利用いただきました。地域のボランティアの方の協力により、「三色そぼろ丼」「しょうが焼き」「にら焼きそば」など多彩なメニューを楽しむことができました。

 

平成30年度

PLJ「3on3大会」が実施されました。3on3

3月20日(水曜日)に、PLJ主催でバスケットボールの3on3大会が開かれました。

ジャンプを盛り上げてきたPLJが卒業生となって、次世代のPLJを発掘しようと始まったこの企画。

中高生と卒業生がバスケットボールを通して、学年など関係なく交流をしていました。

スイーツづくりpancake

3月25日(月曜日)、27日(水曜日)の午後2時から午後4時に、東京第一友の会スーパー主婦によるスイーツ講座を実施しました。

ふわふわパンケーキ」作りに中高生が参加しました。作り方を教えてもらった後は自分の好きなトッピングをしました。

「おいしかったです!何枚でも食べられます!」との声もあがっていました。

 

「JUMP-ROCK-FESTIVAL2019」が実施されました。springlive

3月24日(日曜日)午後2時30分から大塚ウェルカムバックで、ジャンプ長崎と合同ライブ「JUMP-ROCK-FESTIVAL2019」を実施しました。

初めてのライブハウスでの合同ライブで、出演バンドや見に来てくれたお客さんもとても盛り上がっていました。

 

シアター・ワークショップを実施しました。workshop

東京芸術劇場主催による「シアター・ワークショップ」を2月12日(火曜日)から2月23日(土曜日)まで、ジャンプ東池袋や東京芸術劇場で行いました。

イギリスよりドラマ教育の第一線で活躍する経験豊富な英国人のワークショップリーダー2名を招き、小学生や中高生が、ワークショップリーダー育成プログラム受講者と様々なエクササイズやゲームを行いました。

最初は参加を躊躇していた小中高生も、いざ参加してみると「楽しかった」「英語がわからなくても何となく理解してゲームを楽しめた」との声が上がりました。

最終日は東京芸術劇場にてミニ発表会をおこないました。

冬ライブ「WINTERSONIC」が開催されました冬ライブ

12月27日(水曜日)にホールで高校生によるライブを行いました。日頃ジャンプ東池袋のスタジオを利用している高校1年生7バンドが出演し盛り上がりました。準備・当日の進行も出演者で行い、多くの観客を楽しませてくれました。

東京第一友の会のイベントで、OJが弾き語りを披露しました。

tomonokai2月23日(土曜日)に行われた東京第一友の会のイベント『池袋からひろがるくらし発見ひろば』にて、OJ(オーバージャンプ)の松井君がソロで弾き語りを披露してくれました。

ちあきなおみの喝采など、懐かしの曲をギターの演奏にのせて歌い上げてくれました。トークを交えつつ、笑いあり感動ありの素晴らしいステージをボランティアで引き受けてくれた松井君に、大きな拍手がおくられました。

 

インプロシアター(即興劇)の追加公演が開催されました。

12月即興劇12月20日(木曜日)にインプロシアター(即興劇)の公演がありました。9月に公演し好評だった「インプロシアターTILT」による追加公演です。

今回も観客を巻き込みながら即興で舞台が展開し引き込まれました。劇と歌とギターにより、観客が主人公で未来につながる劇に心温まる時間を過ごしました。

 

スーパー主婦直伝によるクッキー作りに参加しました。

クッキー作り

12月12日(水曜日)13日(木曜日)の2日間にわたり、ジャンプ長崎にて東京第一友の会の方によるクッキー作り教室が開催されました。

ジャンプ東池袋からも参加し、まるで洋菓子店のような本格クッキーを作り味わいました。

今回のクッキー作りは、豊島区と自由学園明日館、東京第一友の会との「FFパートナーシップ協定」による企画で「友の会」の方のもつ生活の知恵を中高生に伝える教室です。

両ジャンプの交流も兼ねながらスーパー主婦より簡単でおいしいクッキー作りのテクニックを習い、完成後はおいしくいただきました。さらにサバ缶を使った炊き込みごはんまで伝授してもらい、有意義な2日間となりました。

トイレアートプロジェクトに取り組みました。

トイレ1「としまパブリックトイレプロジェクト」の一環として、ジャンプでトイレ壁面を飾るデザイン制作に取り組みました。それぞれ自由な発想で描いたり、釘と毛糸を使ってデザインを制作しました。

 

2018年11月18日(日曜日)子どもスキップまつりに参加しました。

豊島区役所センタースクエアーにて、「第2回子どもスキップまつり」が開催されました。スキップまつり

ジャンプ東池袋のバンド「たつやとつかさ」と「いい音」のアコースティックバンドが2組が出演しました。

たつやとつかさはジャンプ卒業生でOJ(オーバージャンプ)として、ボランティア活動をしています。たつやとつかさの歌声とアコースティックギターが響きわたると、それまで賑やかだった会場が2人の演奏に集中しました。

「いい音」は中学2年生の女子と職員のアコースティックバンドです。透き通るような歌声と、心地よいアコースティックの音色がマッチしてとても良い演奏でした。

2組とも客層に合わせた選曲で、お客さんもうっとりしていました。

2018年11月10日(土曜日)朋有まつりで中高生が活躍しました。

11月10日(土曜日)に、区民ひろば朋有で「朋有まつり」が開催されました。ゲームコーナーや1111飲食ブース、ダンスやおみこしなど様々な催し物でたくさんの人で賑わいました。

飲食ブースではチョコバナナのバナナをひたすらカットしたり、優しく来場者へ手渡す中高生の姿がありました。

ステージではジャンプの催し物として、高校1年生の女子が出演しました。当日授業があったにもかかわらず、タクシーで駆けつけ、ステージに立ちました。「パートオブユアワールド」「残酷な天使のテーゼ」と子どもや若者に人気のあcyokobananaる曲を熱唱しました。

最後の「ダンシングヒーロー」では、ボランティアの大井スイングバンドの演奏で、区民ひろばの運営協議会のメンバーが踊り、高校一年生の女子が歌い、夢のコラボレーションとなり一番の盛り上がりを見せました。

2018年10月21日(日曜日)エイズフェスに参加しました。エイズフェス

ふぉー・てぃー主催のイベント「池袋エイズフェス‘18」でジャンプの利用者が大活躍しました。

高校生一年生の女子が、中池袋公園の野外ステージでアニメソングを熱唱し、透き通る迫力のある声で圧巻し、お客さんを引き寄せていました。

18歳以上のジャンプ卒業生も模擬店や広報などで力を発揮しました。

2018年10月6日(土曜日)育成秋のゲーム大会で中学生が手伝いました。秋のゲーム大会

豊島区第二地区青少年育成委員会主催の秋のゲーム大会にて、ジャンプを利用する中学3年生がお手伝いしました

ジャンプの出し物は「もじもじゲーム」です。

100人を超える小学生が楽しく遊べるように、採点やゲームの説明など笑顔で対応しました。

品川区パワードリームミュージックフェスタに出場!耳かきが夢さん橋準大賞を受賞しました!

9月29日(土曜日)、9月30日(日曜日)、大崎駅にあるゲートシティーホールで耳かき写真1耳かき2

主に品川区の児童センターを利用している小学生・中学生・高校生を対象にしたバンドコンテストが開催されました。

ジャンプ東池袋からも耳かきが参加しました。

オリジナル曲を演奏し、耳かきが見事「夢さん橋準大賞」を受賞しました!

審査員の方から、「プロのようだ」と評価をもらいました。

とても素晴らしい演奏でした。ご声援ありがとうございました。

School'sOut2018決勝大会で「ロックを知らない。」が優勝しました!senpai_rock

8月27日(月曜日)におこなわれたスタジオペンタ主催のバンド大会、「School'sOut2018決勝大会」にて、ジャンプ東池袋から、都立北園高校「先輩LINE教えてください」と都立竹台高校「ロックを知らない。」の2バンドが出場しました。

決戦大会に進んだ10バンドの中から栄光を勝ち取ったのは、都立竹台高校「ロックを知らない。」でした。おめでとうございます。

予選大会を勝ち進んだ2バンドは、決勝大会の場でも聴いていた人の心を打つ演奏をしていました。2バンドともお疲れ様でした。

スタジオに新しいアイテムが続々入荷しましたguitarmixer

続々と音楽スタジオのアイテムが増えています。

ツインペダルとシンバル、ギターアンプもリニューアルしました。

「LOST~風のうたがきこえる」の著者、池部九郎様より、ミキサーやギター、キーボードなどが寄付されました。

ジャンプ東池袋のスタジオは、防音構造がしっかりしていません。部屋から漏れてくる練習の音は、ジャンプの日常に欠かせないものです。ジャンプをたくさん活用して、さらにレベルを上げてくださいね。

アシスとしまキックオフフォーラムに参加しました!kickoff

7月1日(日曜日)の豊島区子ども若者総合相談「アシスとしまの」の開設キックオフフォーラムに、ジャンプ東池袋からタヒチダンスチームと「たつやとつかさ」が出演しました。

ダンスと演奏に魅入られた方も多く、素晴らしいパフォーマンスでした。

平成29年度

2018年2月こども映画コンクールで表彰されました

司会者と撮影ジャンプ表彰「第2回全国こども映画コンクール」で入賞した中学1年生のO君とM君が、2月17日(土曜日)に行われた表彰式に招待されました

ラグジュアリーな会場でみんなからお祝いされて照れる2人ですが、今後も感性を磨いて様々なことに挑戦してほしいです。

表彰式の様子は3月31日(土曜日)午後8時からBS11で全国放送されました。これからもジャンプが中高生の新しい発見の場になることを期待しています。

2018年2月24日(土曜日)プロのジャグラーが来館しました

ジャグリング2ジャグリング12月24日(土曜日)にジャグリングアーティストの望月ゆうさくさんが来館して、圧巻のパフォーマンスを披露してくれました。

乳幼児親子、小学生、ジャンプの利用者から区民ひろばの利用者さんまで100名を超えるお客さんが、感動的な瞬間に立ち会いました。

本物のプロの技を間近で見ることができ、こどもも大人も一体となって楽しみました。

ジャグリング4

ジャグリング3

終演後はコマに触れる体験コーナーもあり、初めてのディアボロに「やってみたい!」と長蛇の列ができました。こども食堂体験版としてチョコバナナの提供もあり、五感で楽しむイベントとなりました。

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2020年4月28日