ここから本文です。

狭あい道路拡幅整備事業の概要

事業の概要・沿革

私たちの身近にある生活道路は、住みやすい環境を守り、災害時の避難路を確保するうえで重要な役割を果たしています。

しかし、豊島区内には道路幅が4メートルに満たない道路(狭あい道路)がたくさんあります。こうした狭あい道路は防災、救急、消防活動の妨げになるだけでなく、日照や通風への影響があるなど、住みやすい環境をつくるうえで大きな障害となっています。

豊島区では、そのような状況の解消をめざし、昭和63年度から「狭あい道路拡幅整備事業」を進めています。

この事業は、狭あい道路に接する敷地に建物を建てる場合、建築基準法で定められた4メートルの道路幅が確保されるように、道路中心から2メートル後退した線までの後退用地や、隅切り用地の整備を行うものです。

また、後退に伴う各種の塀等の撤去及び緑化、隅切りなどに対し助成金等の制度を設けています。

実施状況・実績

項目 \ 年度

H27年度

H28年度

H29年度

H30年度 R2年度

事前協議件数(件)

    672

662

627

672 653

拡幅整備件数(件)

  350

380

363

333 361

拡幅整備距離(メートル)

 3,509

4,105

3,633

3,647 4,163

拡幅整備面積(平方メートル)

 2,268

2,413

2,127

2,144 2,523

助成件数(件)

  128

159

144

117 158

総事業費(千円)

531,034

554,471

567,510

559,457 612,552

今後の動向・計画等

平成14年1月1日より条例施行に伴い、事業の明確化・安定化が図れ、良好な生活環境の確保と、災害に強いまちづくりを推進します。

参考資料

  • 東京都豊島区狭あい道路拡幅整備条例
  • 東京都豊島区狭あい道路拡幅整備条例施行規則
  • リーフレット(「ゆとりあるまちを未来の子供たちへ」)

お問い合わせ

確認申請前の事前協議(中心線判定)については道路調査グループへ
電話番号03-3981-0562

後退整備(セットバック)工事については狭あい道路整備グループへ
電話番号03-3981-0673

更新日:2021年7月27日