ここから本文です。

新耐震木造検証法

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)

 平成28年熊本地震においては、昭和56年5月以前の旧耐震基準により建てられた木造住宅に大きな被害があったと共に、新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅にも一定の被害があったことが確認されました。この原因として、柱とはり等との接合部の接合方法が不十分であったことなどが指摘されています。

 平成12年以前の耐震性を効率的に検証する方法として、一般財団法人日本建築防災協会において「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)」がとりまとめられ、同協会ホームページにおいて公開されました。
 国土交通省ではリフォーム等の機会をとらえ、接合部等の状況を確認することを推奨していますのでご活用ください。


 

お問い合わせ

更新日:2021年5月20日