ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 災害医療について > 災害時人工呼吸器使用者自家発電装置給付事業

ここから本文です。

災害時人工呼吸器使用者自家発電装置給付事業

災害時などにおける停電により、生命の危機に直結する恐れのある在宅人工呼吸器使用者の方に対し、停電時における電力の確保を図るため自家発電装置を給付します。

対象者

豊島区で、以下のすべてに該当する方が対象です。

  1. 区が「災害時個別支援計画」を策定した在宅人工呼吸器使用者のうち、自家発電装置を準備する必要があることの記載がある。
  2. 在宅で人工呼吸器を常時使用している。
  3. 他の公的制度により自家発電装置の給付を受けることができない。

「災害時個別支援計画」とは

災害時の被害を最小限にとどめることを目的として、在宅の人工呼吸器使用者に対し、ご本人や関係機関とともに策定するものです。

詳しくは在宅人工呼吸器使用者災害時個別支援計画作成事業をご覧ください。

給付物品

自家発電装置

  • 原則として外付けバッテリーの充電を目的とするものです。ただし、人工呼吸器の製造販売業者により人工呼吸器の駆動のための電源として使用が認められているものについてはこの限りではありません。
  • 燃料およびエンジンオイルは給付の対象となりません。
  • 給付は人工呼吸器使用者1人につき1台に限ります。

費用負担

給付する自家発電装置が212,000円を越える場合、当該額は自己負担となります。

手続き方法

お住いの地区を担当する保健所、健康相談所または高齢者福祉課の地区担当保健師にご相談ください。

申請後審査を行い、給付または却下の決定を行います。

豊島区自家発電装置給付申請書(第1号様式)(ワード:17KB)

お問い合わせ先

池袋保健所健康推進課支援計画グループ

電話03-4566-4113

お問い合わせ

更新日:2021年4月30日