ホーム > 手続き・届出 > 届出・証明 > 住民記録・住民票(転入届、転出届など) > 豊島区内で住所が変わったら(転居届)

ここから本文です。

豊島区内で住所が変わったら(転居届)

豊島区内で引越しをしたかたは、住み始めてから14日以内に転居届を提出してください。なお、アパート内で部屋番号が変わったときにも届出が必要な場合があります。住民基本台帳カードもしくはマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちのかたは、転居手続き後にカードの券面変更の手続きが必要です。以下リンク先より手続きの確認をしてください。

届出期間

新住所に住み始めた日から14日以内

届出人

本人または同一世帯員

(注釈)任意代理人の場合は委任状が必要です
(注釈)法定代理人の場合は戸籍謄本等その資格を証明する書類が必要です

受付窓口

区役所本庁舎3階 総合窓口課・東部区民事務所・西部区民事務所で手続きできます。
各窓口の場所は、以下リンク先をご覧ください。

受付時間

豊島区役所 本庁舎

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)

土曜日・日曜日の午前9時から午後3時まで(年末年始を除く)
(注釈)土曜日・日曜日は一部取り扱えない業務があります。詳細は以下リンク先をご確認ください

東西区民事務所

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)

届出に必要なもの

本人または同一世帯員のかたが手続きするとき

  • 窓口に来るかたの本人確認書類
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • マイナンバーの通知カード(お持ちのかた)
  • 住民基本台帳カードもしくはマイナンバーカード(個人番号カード)(お持ちのかた) 
  • 在留カード等または特別永住者証明書(外国人のかた)
    (注釈)転居するかた全員のものをお持ちください
    (注釈)外国旅券(パスポート)や続柄の証明(結婚証明書や出生証明書、戸籍の記載事項など)とその日本語訳が必要な場合があります

本人または同一世帯員以外のかたが代理で手続きするとき

  • 窓口に来るかたの本人確認書類
  • 本人からの委任状(任意代理人の場合)
  • 法定代理人であることを証明するもの(法定代理人の場合) 
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人のかた)
    (注釈)転居するかた全員のものをお持ちください
    (注釈)外国旅券(パスポート)や、続柄の証明(結婚証明書や出生証明書、戸籍記載事項など)とその日本語訳が必要な場合があります

注意事項

  • 転入届、転居届、転出届などの届出が、新住所に住み始めてから正当な理由なく14日を超えた場合は、簡易裁判所から過料に処されることがあります(住民基本台帳法)  
  • 外国人のかたで、新しく住所を定めた日から14日以内に届出がない場合は20万円以下の罰金に処されることがあります(入管法・入管特例法)。なお、住所を変更したときは、在留カード等または特別永住者証明書に住所の記載が必要です。住所を定めた日から90日以内に新しい住所の記載がされない場合、在留資格を取り消されることがあります(入管法)
  • 転居日が届出日より1年以上遡る場合は、その日から現在まで住んでいたことが確認できる資料(アパートの賃貸借契約書等)が必要です。賃貸借契約書等が本人名義でない場合や、代理人が手続きをされる場合は、他にも必要な書類がございます。詳細は事前にお問い合わせください

お問い合わせ

更新日:2018年4月10日