ここから本文です。

豊島区外に転出するときは(転出届)

他の区市町村もしくは海外へ転出するかたは、新しい住所に住み始める日の約14日前から転出手続きができます。国内で引越しの場合は「転出証明書」を発行いたします(海外への転出の場合、転出証明書は発行されません)。この「転出証明書」を持って新住所地で転入手続きをしてください。転入手続きに必要な書類については新住所地の市区町村で確認してください。

住民基本台帳カードもしくはマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちのかたが転出する場合は「転入届の特例」が適用されます。詳細は以下リンク先をご確認ください。

届出期間

新住所に住み始める日の約14日前から、住み始めた日より後の14日以内

届出人

本人または同一世帯員

(注釈)任意代理人の場合は委任状が必要です
(注釈)法定代理人の場合は戸籍謄本等その資格を証明する書類が必要です

受付窓口

区役所本庁舎3階 総合窓口課・東部区民事務所・西部区民事務所で手続きできます。
各窓口の場所は、以下リンク先をご覧ください。

受付時間

豊島区役所 本庁舎

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)

土曜日・日曜日の午前9時から午後5時まで(年末年始を除く)
(注釈)土曜日・日曜日は一部取り扱えない業務があります。詳細は以下リンク先をご確認ください

東西区民事務所

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)

届出に必要なもの

本人または同一世帯員のかたが手続きするとき

  • 窓口に来るかたの本人確認書類
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療証(加入者のみ)
  • 印鑑登録証(お持ちのかた)
  • 区民カード(お持ちのかた)
  • マイナンバーの通知カード(海外転出のかたのみ)

本人または同一世帯員以外のかたが代理で手続きするとき

  • 窓口に来るかたの本人確認書類
  • 本人からの委任状(任意代理人の場合)
  • 法定代理人であることを証明するもの(法定代理人の場合)
  • 印鑑登録証(お持ちのかた)
  • 区民カード(お持ちのかた)  

郵送による転出手続き

転出者本人または世帯主による転出届については、郵送で行なうことができます。下記のものを郵送してください。ポストに投函してから1週間程度で「転出証明書」を送付します。

(注釈)国外へ転出するかたには、「転出証明書」を送付いたしません

住民基本台帳カード、マイナンバーカードをお持ちの方は、カードを利用した郵送転出届ができます。詳細はリンク先をご確認ください。

・転入届の特例による郵送転出届

宛先

〒171-8422
東京都豊島区南池袋2-45-1
豊島区役所総合窓口課 住民記録グループ

郵送するもの

1.転出届出書
(注釈)以下の必須事項をご記入ください
(注釈)届出書はホームページからもダウンロードできます。関連リンクをご確認ください

  • 届出年月日
  • 届出人の住所・氏名
    (注釈)届出人の氏名は必ず自署してください
  • 引越しした日または引越しを予定している日
  • 新しい住所(転出先の住所。国外の場合は国名)
  • 新しい住所の世帯主
  • 旧住所(豊島区の住所)
  • 旧住所の世帯主(豊島区での世帯主)
  • 転出するかた全員の氏名、生年月日、続柄、性別
  • 昼間の連絡先電話番号(書類不備の時などにご連絡する場合があります。必ずご記入ください)

2.返信用の封筒
(注釈)宛先を記入し82円切手を貼付したもの(宛先は豊島区での住所または転出先の住所をご記入ください)
(注釈)国外へ転出するかたは必要ありません
(注釈)速達や書留等(配達記録を残したい場合)での返信をご希望の場合は、届出書にその旨をご記入のうえ、必要な金額の切手を貼付してください

3.本人確認書類のコピー
(注釈)在留カード等または特別永住者証明書については両面のコピー

4.国民健康保険証(加入者のみ)
5.後期高齢者医療証(加入者のみ)
6.印鑑登録証(お持ちのかた)
7.区民カード(お持ちのかた)

注意事項

  • 転入届、転居届、転出届などの届出が、新住所に住み始めてから正当な理由なく14日を超えた場合は、簡易裁判所から過料に処されることがあります(住民基本台帳法)

お問い合わせ

更新日:2018年4月10日