ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 保険料の納めかた > 「保険料の納めかた」についてよくあるご質問

ここから本文です。

「保険料の納めかた」についてよくあるご質問

質問1.保険料はどこで納めれば良いですか?

お答えします

お近くの金融機関およびコンビニエンスストアで納められます。また、区役所3階公金納付窓口の窓口や区民事務所の窓口でも納められます。

質問2.口座振替を利用したいのですが、手続きは?

お答えします

「口座振替依頼書」に必要事項を記入し、通帳届出印を押印のうえ、区役所国民健康保険課口座担当へ郵送いただくか、金融機関へ直接ご提出ください。なお、「口座振替依頼書」は区内の金融機関に備えてあります。

また「ペイジー口座振替受付サービス」も利用できます。国民健康保険課または区民事務所の窓口にて印鑑不要で、キャッシュカードにより口座振替をお申込みいただけます。

  • サービス対象金融機関
    みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、巣鴨信用金庫、東京信用金庫、城北信用金庫、興産信用金庫
  • 申し込みに必要なもの
    • サービス対象金融機関のキャッシュカード
    • 国民健康保険の記号番号が分かるもの(保険証、保険料の通知書、領収書等)

質問3.保険料を納めずにいると、どうなりますか?

お答えします

納付期限までに保険料が納付されない場合、督促状を送付します。その後もお支払いがないと、再度文書による催告を行います。電話による納付確認も定期的に行なっています。

滞納がさらに続くと、有効期限の短い「短期被保険者証」を交付する場合があります。更新手続きは毎回窓口までお越しいただきます。

長期にわたって滞納が解消されない場合には、保険証の代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。この場合、かかった医療費の全額(10割)が自己負担となります。

滞納が続く場合は、法律に基づいて預貯金・給与・生命保険等の財産差し押さえをすることがあります。

保険料の納付期限は毎月末日(金融機関等の休業日の場合は翌営業日)です。期限までに納めるようにしましょう。

質問4.保険料を支払ったのに督促状がきたのはなぜですか?

お答えします

お支払いいただいた保険料は、確認できるまでに最短でも10日から14日ほど時間がかかります。そのためお支払いいただいた後でも、督促状や催告書をお送りする場合があります。保険料は毎月末日の納付期限までにお支払いいただきますようお願いいたします。

質問5.外出が困難で、支払いに行けないのですが?

お答えします

口座振替をお勧めいたします。「口座振替依頼書」は電話で郵送請求していただくこともできますので、国民健康保険課口座担当までご連絡ください。

質問6.いつまでに保険料を納めればよいのですか?

お答えします

納付期限は、毎月末日(末日が金融機関等の休業日の場合は翌営業日)です。納め忘れのないように十分ご注意ください。

質問7.納付書を紛失してしまいましたが、再発行してもらえますか?

お答えします

国民健康保険課資格・保険料グループ、整理収納グループ、特別整理グループへご連絡ください。電話または直接窓口で、保険証の記号番号・住所・氏名・納付書の種類(一括払いまたは各月払い)をお知らせいただければ、再発行いたします。窓口にご来庁の際は、来庁されるかたの保険証または本人確認書類をご持参ください。

来庁されるかたが世帯主または同一世帯員以外(住民票上、世帯が別)の場合は委任状が必要です。

質問8.自分は健康で保険証を使わないので、保険料を払いたくありません

お答えします

保険料の納付は法律で義務付けられています。国民健康保険は加入者全員による相互扶助制度です。趣旨をご理解いただき、お支払いください。

質問9.保険料を滞納しているため現在保険証がなく、高額な医療費がかかります。保険証を交付してください。

お答えします

すみやかに滞納保険料を納付してください。保険料はご自身が医療機関を利用するときのみ支払うものではないことをご理解ください。保険料の一括納付が困難な場合は、そのご事情を伺ったうえで分割納付等の相談をいたしますので、ご来庁をお願いします。

質問10.収入が減って、納付書どおりの金額では納付期限までに納付できません。

お答えします

保険料は総所得金額等に基づいて算定されています。お支払いが困難な場合は、整理収納グループまたは特別整理グループへご相談ください。現在の生活状況に応じて納付相談を行います。相談の際は収入や支出状況がわかる書類(給与明細、預金通帳、家賃や公共料金などの領収書)をお持ちください。

なお、国民健康保険に加入しているかたの前年の所得(加入していない世帯主を含む)が一定基準以下の世帯は、保険料の均等割額が減額されます。収入が少ない場合も住民税の申告をしてください。

質問11.平日の昼間は仕事の関係で支払いや納付相談に行く時間がありません。

お答えします

平日の昼間に仕事などで区役所へお越しいただけないかたのために、第3日曜日の午前9時から午後5時まで窓口を開設しています。保険料の納付もできますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせ

更新日:2017年2月6日