ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 療養の給付と一部負担金割合

ここから本文です。

療養の給付と一部負担金割合

病気やけがをしたとき、病院(医療機関)等にその医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで、診療を受けることができます。残りの費用は国保から支払われます。

負担割合

未就学児(6歳に達した日以降、最初の3月31日まで)

2割

6歳に達した日以降、最初の4月1日から69歳まで

3割

70歳以上(一定以上所得者、後期高齢者医療制度対象者を除く)

2割または1割

70歳から74歳の方の窓口負担割合は法律上2割となっていますが、特例措置によりこれまで1割負担とされてきました。平成26年度から、より公平な仕組みとするために2割負担に見直されることになりました。

具体的には、次のとおりです。

  • 平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(生年月日が昭和19年4月2日以降の方)は、70歳の誕生月の翌月(ただし、1日が誕生日の方はその月)から2割となります。
  • 平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(生年月日が昭和19年4月1日以前の方)は、引き続き特例措置により1割となります。

70歳以上で一定以上所得者(後期高齢者医療制度対象者を除く)

3割

(注釈)一定以上所得者とは、70歳以上の次のいずれかに該当するかたです。

  1. ご本人の各種控除後の住民税課税所得が年額145万円以上ある場合
  2. 上記1.に該当するかたと同じ世帯のかた

(注意)ただし、次のいずれかに該当する場合は資格・保険料グループへの申請により、1割または2割負担となります。

  • 上記1.2.に該当するかたがお二人以上の場合、該当するかたの昨年中の合計年収が520万円未満(該当者がお一人の場合は年収383万円未満)
  • 該当者がお一人で、年収383万円以上の場合でも、同一世帯に属する後期高齢者(旧国保被保険者)も含めた年収が520万円未満の場合

お問い合わせ

更新日:2018年2月14日