ここから本文です。

豊島区がん対策基金

基金について

豊島区は、がんによる区民の死亡者数の減少を目指し、がんの予防や早期発見、がんに関する正しい知識及び意識の普及啓発などのがん対策の総合的・計画的な推進を目的とした「豊島区がん対策推進条例」を制定し、その具体的な施策の実現のため、「豊島区がん対策推進計画」を策定しています。

がん対策を推進するにあたって、「豊島区がん対策基金」を創設し、広く皆さまからの募金を募ります。

皆さまからの募金は、「豊島区がん対策基金」に積み立て、以下の3つの事業に活用していきます。

  1. がんの予防・普及啓発
  2. がん検診の推進
  3. がん患者と家族の支援

豊島区がん対策基金(PDF:2,799KB)
豊島区がん対策基金の目的

募金方法

豊島区がん対策基金の趣旨にご賛同いただける方でしたら、全国どこからでもどなたでも募金していただくことが可能です。

1.パンフレットに付属の郵便振込用紙を使う場合

振込手数料が無料になる用紙を作成しました。パンフレットに付属の郵便振込用紙に、必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。その際、振込手数料は加入者(豊島区)が負担いたします。
※お手元に郵便振込用紙がない方は、下記の豊島区役所地域保健課がん対策・健康計画グループまでお問い合わせください。振込用紙付きのパンフレットをお送りさせていただきます。

2.郵便局に備え付けの振込用紙を使う場合

郵便局の窓口等にある用紙を使用する場合は手数料がかかります。

≪郵便振替口座≫

口座記号番号

00130-1-33750

加入者

東京都豊島区役所

ご希望により、募金にご協力いただいた方の氏名をホームページで公表させていただいております。氏名公表に「同意する」「同意しない」のいずれかにチェックをお願いいたします。チェックのない場合は、ご同意いただけないものとして公表は控えさせていただいております。また、郵便局に備え付けの振込用紙を使用する場合でご同意いただける方は「氏名公表可」とご記入下さい。

税制上の優遇措置

この募金は「豊島区がん対策基金」に積み立てられるため、募金に協力いただきますと、豊島区への寄附として税制上の優遇措置が受けられます。その際、確定申告が必要となりますので、領収書を添付しご提出ください。

《個人の方の場合》所得税、住民税について総所得金額から寄附金控除の適用が受けられ、税制が軽減されます。

《法人の場合》寄附金額の全額を損金に算入することができます。

領収書の発行について

  • 寄附をいただいた方には、払込の1~2か月後に、振込のご依頼人宛に領収書をお送りいたします。
  • 領収書は上記の税制上の優遇措置を受ける際に必要となりますので、各自で保管願います。

ご協力いただいた方のお名前

豊島区がん対策基金にご協力いただき、ありがとうございます。ご協力いただいた方で、氏名公表に同意いただいた方を以下に掲載いたします。

平成27年9月末現在

  • 花柳基様
  • ひつじ基金代表松井まさよし様
  • 吉野智香子様
  • 舟久保美智子様
  • 箱根一美様
  • 伊藤露子様
  • 田中良二様
  • 井戸輝雄様
  • 海老原宏様
  • 鶴岡郁勇様
  • 佐藤智重様
  • 豊島区歯科医師会様
  • 林田恵千子様
  • 田崎不二夫様
  • 平野知様

他氏名非公表17名

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年11月8日