ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 豊島区のがん対策~がんによる「早すぎる死」を減らすために

ここから本文です。

豊島区のがん対策~がんによる「早すぎる死」を減らすために

その1:がん検診その2:予防・普及啓発その3:患者さんとご家族のためにその4:条例と計画

その5:がん対策基金がん情報コーナー(リンク集)

がんによる「早すぎる死」を減らすために

ななまる(がん)がんは、依然として区民の死亡原因の1位であり、平成25年度の全死亡者数の28.8%を占めています。この現状を踏まえ、平成22年度に制定、策定した「豊島区がん対策推進条例」及び「豊島区がん対策推進計画」に基づき、今後も引き続きがん対策の総合的かつ計画的な推進に取り組み、がんによる死亡率減少をめざします。

豊島区のがん対策はこんなことやっています

その1:がん検診 

島区ではすべてのがん検診で受診料が無料です。豊島区がん検診PRキャラクターももか

 

がん検診とは

自覚症状がない段階でのがんを早期発見し、早期治療することを目的に行う検診です。

がん検診は、一次検診でがんの疑いのあるかたを効率的にスクリーニング(選別)し、精密検査、確定診断、治療という流れで進んでいきます。そのため、既に自覚症状のあるかたは、がん検診を待たず、医療機関(保険診療)を早急にお受けください。

豊島区のがん検診

その2:予防・普及啓発 

たばこ対策肺がんななまる

喫煙はがんの原因の4割ほどを占めるといわれています。禁煙を推進するとともに、他人からたばこの煙を吸わされること(受動喫煙)についても防止対策に取り組みます。

たばこ対策

がんに関する教育

豊島区立の全小学校(6年生)及び全中学校(3年生)で、がんに関する教育を行っています。

がんに関する教育(教育委員会のページ)

その3:患者さんとご家族のために 

骨髄移植ドナー支援事業子宮頸がんななまる

命のボランティア登録は2mlの採血から~

「血液のがん」と呼ばれている白血病などの患者の方々への支援策として、骨髄移植ドナーの負担軽減と登録者拡大のため、骨髄・末梢血幹細胞を提供した人及びその方が従事する事業所に奨励金を交付します。

豊島区骨髄移植ドナー支援事業

がん先進医療利子補給事業

高額な医療費の融資をサポートします。

豊島区がん先進医療費利子補給事業

その4:条例と計画 

がん対策推進条例igannanamaru

平成22年12月制定。都内初のがん対策条例です。

豊島区がん対策推進条例

がん対策推進計画

がん対策をより効果的に推進するために、その具体的な施策を明記しています。

「がん対策推進条例」制定後の平成23年3月に初めて策定された同条例第10条に基づく実施計画で、平成28年3月に改定し〈第2次〉計画といたしました。分野別施策として「がん検診の推進」「がんの予防・普及啓発」「がん患者と家族の支援」の3つの課題解決を基本に取り組みを定めています。

豊島区がん対策推進計画〈第2次〉(平成28年3月改定)

その5:がん対策基金 

皆さまからの募金ががん対策の充実につながります。大腸がんななまる

豊島区がん対策基金とは

 

 

がん情報コーナー(リンク集) 

研究・情報機関、相談支援センター、官公庁、関連団体等によるがんに関する情報サイトのリンク集です。

がん情報コーナー(リンク集)

乳がんななまる

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2016年8月17日