ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育園 > 入園手続 > 延長保育・障害児保育

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

延長保育・障害児保育

延長保育

1. 開所時間の午後6時15分までにお迎えが間に合わない世帯を対象に、延長保育を実施している園があります。午後7時15分までの園が19園、午後8時または8時15分までの園が9園、午後10時15分までの園が2園あります。区立保育園では、満1歳から利用できます。私立保育園における1歳未満の利用については各園にお問い合わせください。

2. 延長保育を希望する場合は、入園とは別の申込みが必要です。
《延長保育申込みに必要な書類》
《延長保育申込み先》

  • 「延長保育申込書兼延長保育料免除申請書」
  • 「延長保育用勤務証明書」…両親分必要です。

区立保育園…保育課入園グループ

利用月の前月10日までにお申込みください。(10日が土日祝日の場合はその前の区役所開庁日)

2月・3月・4月の申し込みは、別日程です。

私立保育園…各私立保育園

1. 延長保育は定員制です。希望されても空きがなく利用できない場合もあります。

2. 保育料とは別に延長保育料がかかります。

3. 利用回数の少ないかたは、1日単位(スポット)で利用もできます。

  • 区立保育園…当日児童登園時までに申込んでください。
  • 私立保育園…各園の状況によります。

次の申請書は、ダウンロードできます。

障害児保育

豊島区内の保育園では、原則として各園2名の定員で心身に障害のあるお子さんの保育を行なっています。両親共に仕事をしているなど保育に欠ける要件があり、集団生活が可能なお子さんを受入れています。

お申し込みには、「申し込みに必要な書類」以外に

  1. 「主治医の意見書」
  2. 「心身状況表」

等の書類が必要です。一般の選考の他に、集団生活が可能かどうか、受入れの際配慮するべきことなどを、医師及び心理職等の意見を聴き審査します。

発達上の心配や、アレルギー症状・慢性疾患のあるお子さんについてもご相談ください。食物アレルギーにつきましては、医師の診断書・相談の内容により個別に対応していますが、状況により対応できないこともあります。

次の申請書は、ダウンロードできます。

お問い合わせ

更新日:2016年6月17日