ここから本文です。

人権週間

昭和23年(1948年)12月10日、国際連合において、基本的人権及び自由を尊重し確保するために、「世界人権宣言」が採択されました。
この世界人権宣言が採択された日を記念して、我が国では12月4日から10日を人権週間と定めています。
21世紀は人権の世紀であると言われています。人権とは、誰もが生れながらにしてもっている、人間が人間らしく生きていくための権利です。様々な人権問題が存在する今、「誰一人取り残さない」社会の実現を掲げる国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、わたしたち一人ひとりが、人権尊重の重要性を正しく認識し、他人の人権にも十分配慮した行動でをとることで、多くの人権問題は解決に向かうでしょう。

1.人権週間パネル展

12月4日~10日の人権週間にちなみ、人権意識の普及・啓発のため、パネル展を開催します。区で実施している取組みの紹介の他に、今年度は、性の多様性や障害者・高齢者・女性・子どもの権利を考えるパネルなども展示します。

日時:令和2年12月7日(月曜日)から12月10日(木曜日)まで

時間:午前9時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)

場所:区役所本庁舎1階としまセンタースクエア

人権主週間パネル展

 

 

2.街頭啓発

啓発物品の配布を通じて、広く人権意識の普及・啓発を図るため、豊島区人権擁護委員とともに池袋駅東口にて「街頭啓発」を行います。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止といたします。

街頭啓発の様子

写真は平成27年度に撮影したものです。

お問い合わせ

更新日:2020年11月17日