ホーム > 手続き・届出 > > 税証明書について

ここから本文です。

税証明書について

令和3年度(令和2年中の所得)の住民税課税・非課税証明書は6月10日から発行可能です。
新型コロナウィルスによる確定申告期限の延長に伴い、申告内容が証明に反映されていない場合があります。準次処理をおこなっておりますので、ご了承ください。

6月は、税務課の証明窓口が大変混雑いたしますので、1時間程度お待ちいただく場合がございます。お時間に余裕を持ってお越しください。また、住民税証明書は、コンビニエンスストア(マイナンバーカードが必要です)、東部区民事務所、西部区民事務所、総合窓口課でも発行していますので、ご利用ください。

自動交付機は平成30年12月末で稼働を終了いたしました。

『日曜窓口』は、第2日曜日に開設しております。時間は午前9時から午後5時までです。
(注意)日曜窓口では申告は受け付けておりませんので、ご注意ください。

税の種類と証明書の種類

豊島区で交付している税証明書は下記のとおりです。

住民税(特別区民税・都民税)

  • 課税(非課税)証明書(かぜいしょうめいしょ・ひかぜいしょうめいしょ)
    手数料:1通につき300円
    コンビニエンスストアでも発行できます。(マイナンバーカードが必要です)コンビニ交付のご案内
  • 納税証明書(のうぜいしょうめいしょ)
    手数料:1通につき300円
    コンビニエンスストアでも発行できます。(マイナンバーカードが必要です)コンビニ交付のご案内

注意事項

  • 住民税証明書には、証明年度の前年中の所得が記載されますので、所得証明書として利用できます。(例えば令和3年度の証明書では令和2年中の所得が記載されます)
  • 住民税証明書は、原則として、必要とする証明年度の1月1日現在、住民登録がある市区町村の役所で取ることができます。住民登録があっても、申告していない場合や申告していても課税処理中でまだ税額が決定していない場合など、最新の証明書を発行できないことがあります。
  • 1枚の証明書に複数年度の内容をまとめて記載することはできません。
  • 1枚の証明書に複数のご家族分の内容をまとめて記載することはできません。
  • 住民税の課税(非課税)・納税証明書は直近5年分発行できます。(コンビニエンスストアでは直近2年分のみ発行できます)

納付の方法により、納付された金額が証明書に反映されるまでにかかる時間が異なりますのでご注意ください。(下表参照)

支払い方法 証明書に反映されるまでの期間 納税証明書が即日必要な場合の対応
金融機関
コンビニエンスストア
最長で30日 税務課または東・西区民事務所で申請
(必要なもの)
・本人確認書類
・領収書原本
口座振替 おおむね10日 税務課または東・西区民事務所で申請
(必要なもの)
・本人確認書類
・記帳済みの通帳
モバイルレジ
(クレジットカード納付分は除く)
おおむね10日間
(土曜・日曜・祝日を除く)
即日反映不可
クレジットカード 最長で35日
LINE Pay請求書支払い おおむね10日間
(土曜・日曜・祝日を除く)

 

  • コンビニエンスストアで発行された納税証明書に、発行日以前(当日お支払い分を除く)にご納付された金額が反映していない場合は、領収書と発行された納税証明書をお持ちのうえ、税務課の窓口までお越しください。発行した当日(休日および夜間の場合は翌開庁日)に限り、金額を反映した証明書と差し替えをいたします。
  • 所得税の納税証明書(その1、その2など)は税務署で発行しています。
  • 土地、不動産関係の税証明、評価証明などは、都税事務所で発行しています。

軽自動車税(種別割)

納税証明書
手数料:1通につき300円(車検用は無料になります)
コンビニエンスストアでの発行はできません。

軽自動車税納税証明書について

狭小住戸集合住宅税

納税証明書
手数料:1通につき300円
コンビニエンスストアでの発行はできません。

その他の税証明書

上記の証明書では証明できない事項について、任意の行政証明書として発行します。
(例)酒類販売許可や財団法人・公益法人の事業報告用に必要な、滞納処分を受けたことがない証明など。

手数料:1通につき300円
取り扱いは税務課のみとなります。

(注意)証明書は原則翌日以降の発行になります。
あらかじめご連絡をいただくか、お時間に余裕をもってお越しください。

詳しくは税務課税証明担当までお問い合わせください。

税証明書の申請

申請・交付窓口

  • 税務課庶務グループ税証明担当(区役所本庁舎3階)
    平日8時30分から5時まで
  • 総合窓口課(住民税証明書のみ発行可能)(区役所本庁舎3階)
    総合窓口課の利用時間等について
  • 東部区民事務所及び西部区民事務所(住民税証明書及び、軽自動車税の車検用納税証明書のみ発行可能)
    平日8時30分から5時まで
  • コンビニエンスストア(直近2年分の住民税証明書のみ発行可能)コンビニ交付のご案内

(注意)毎年12月29日から1月3日までは年末年始のため閉庁いたします。

お持ちいただくもの

本人が来庁する場合

マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認資料(官公署発行の現住所・氏名・生年月日が確認できるもの)

代理人が来庁する場合

  • 代理人のマイナンバーカードや運転免許証などの本人確認資料(官公署発行の現住所・氏名・生年月日が確認できるもの)
  • 委任者本人が直筆した委任状

注意事項

税証明書の手数料について

税務課窓口での税証明書発行手数料のお支払いに、電子マネーが利用できます。

取り扱い種類:PayPay、交通系IC、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、SAISONマークのついているJCB、VISA、Master、UnionPay(銀聯)
取り扱い場所:豊島区役所本庁舎3階、税務課税証明書発行窓口

注意事項

  • 総合窓口課、東部区民事務所、西部区民事務所では利用できません。
  • 土曜・日曜窓口では利用できません。

PayPayについて(平日のみ)

スマートフォン等に事前に登録したPayPayアプリを使用し、税務課の窓口で専用のQRコードをスキャンすることで、税証明書の発行手数料をお支払いいただけます。

交通系電子マネー等について(平日のみ)

郵送による申請(※住民税の証明書)

郵送による課税(非課税)・納税証明書の申請について

コンビニ交付のご案内

「マイナンバーカード(個人番号カード)」をお持ちのかたは、住民税の課税(非課税)・納税証明書(各直近2年分)をコンビニエンスストアで取ることができます。

コンビニでの住民税証明書の交付について

住民税の申告

証明年度の1月1日に豊島区に住民登録があっても、申告をしていないなどの場合は証明書の発行はできません。無収入であっても申告がないと非課税証明書は発行できません。ただし、同居の家族から扶養申告が出ていれば、本人が申告をしていなくても証明書を発行できる場合があります。申告については下記をご覧ください。
(注意)申告は土曜日、日曜日は受け付けておりません。平日にご来庁ください。

住民税の申告

都税の証明

固定資産税などの証明

23区では固定資産税・都市計画税・事業所税・法人の住民税等は都税事務所にて取扱しています。

評価証明、公課証明、物件証明、名寄帳、法人の所在証明書などについては、豊島都税事務所にお問い合わせください。

税関係諸機関へのリンク集

自動車税の証明

自動車税に関しては、東京都都税総合事務センターにお問い合わせください。

税関係諸機関へのリンク集

お問い合わせ

更新日:2021年6月10日