ここから本文です。

特定建設作業に関する届出

特定建設作業

以下の機械を用いて行う作業は特定建設作業となり、それぞれ法に基づく届出が必要です。

騒音規制法

  1. くい打機、くい抜機を使用する作業
    (圧入式くい打くい抜機又はアースオーガーと併用する作業を除く。)
  2. びょう打機を使用する作業
  3. さく岩機を使用する作業
  4. 空気圧縮機を使用する作業
    (さく岩機の動力として使用する作業を除く、電動機以外の原動機を用いるもので定格出力が15キロワット以上のもの)
  5. コンクリートプラント(混練容量0.45立方メートル以上)
    アスファルトプラント(混練重量200キログラム以上)
  6. バックホウ(低騒音型を除く原動機の定格出力が80キロワット以上)
  7. トラクターショベル(低騒音型を除く原動機の定格出力が70キロワット以上)
  8. ブルドーザー(低騒音型を除く原動機の定格出力が40キロワット以上)

振動規制法

  1. くい打機、くい抜機(圧入式くい打機、油圧式くい抜機を除く)
  2. ブレーカー(手持式のものを除く)
  3. 鋼球を使用して建築物その他の工作物を破壊する作業
  4. 舗装版破砕機を使用する作業

注意事項

  • 騒音規制法の「バックホウ」は、環境大臣が指定する低騒音型建設機械は対象外としています
  • 騒音規制法の「さく岩機」には、ジャイアントブレーカーやハンドブレーカーのほか、電動ピックも含まれます
  • ジャイアントブレーカーを使用する場合は、騒音と振動両方の届出が必要です

参考

低騒音型建設機械指定状況(国土交通省)(新しいウィンドウで開きます)

 

区への届出

  • 作業開始の7日前までに、届け出てください。
    「7日前まで」の日数算定には、届出日と作業の開始日は算入しません。
    つまり、届出書の提出期限は【作業開始日-8日間】です。
  • 届出者は元請業者です。
    元請業者の代表者印が必要ですのでご注意ください。
  • 案内図、工程表(作業日や作業時間がわかるもの)、現場の図面を添付してください。
  • その他記入例や規制基準などについては、「特定建設作業のしおり」をご参照ください。

特定建設作業のしおり(PDF:526KB)
基準や記入例など

解体工事を実施する場合には、別途「豊島区建築物等の解体工事における事前対策等に関する要綱」に基づく届出が必要な場合があります。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

建築物等の解体工事に関する届出

届出様式

特定建設作業実施届出書(騒音)

特定建設作業実施届出書(騒音)(ワード:43KB)
騒音規制法に基づく届出様式

特定建設作業実施届出書(振動)

特定建設作業実施届出書(振動)(ワード:43KB)
振動規制法に基づく届出様式

法令について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年7月8日