ここから本文です。

建築物等の解体工事に関する届出

豊島区では「豊島区建築物等の解体工事における事前対策等に関する要綱」を定め、解体工事にあたり隣接住民への事前周知として、標識の設置や説明の実施等を規定しています。

要綱の概要

対象となる解体工事(第3条)

建設リサイクル法の対象工事のうち、解体工事に該当する工事

  1. 建築物の解体工事で、床面積の合計が80平方メートル以上のもの
  2. 工作物の解体工事で、請負代金の額が500万円以上のもの

アスベスト(成形板を含む)を使用している部分を解体する工事

  • 前の2つ以外の解体工事で、解体工事に係る部分に石綿含有材料が使用されているもの
解体工事
  • 建築物のうち、建築基準法施行令第1条第3号に定める構造耐力上主要な部分の全部又
    は一部を取り壊す工事。

標識の設置、区への届出(第7条)

標識の設置

工事開始の7日前までに、工事の名称、工事期間、施工者、アスベストの調査結果などを明記した標識を設置してください。

区への届出

標識の設置後、速やかに標識設置届出書を提出してください。

<添付書類>

  • 標識の設置場所がわかる書類(例えば、案内図)
  • 標識の内容がわかる書類(例えば、標識のコピー)

届出はファクスや郵送でも構いません。
ファクス番号03-3980-5134

工事説明の実施(第8条)

工事開始の7日前までに、工事期間、解体の方法、騒音や振動等の公害防止対策、アスベストの使用状況などを説明し、隣接住民の理解を得るよう努めてください。

届出様式

第1号様式標識「解体工事のお知らせ」

第1号様式(ワード:22KB)

第2号様式「標識設置届出書」

第2号様式(ワード:17KB)

要綱全文

要綱全文(PDF:111KB)

関連情報

建設リサイクル法の届出は、建築課のホームページを参照してください。

建設リサイクル法届出書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年4月1日