ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療助成・在宅支援 > 大気汚染医療費助成制度(東京都)

ここから本文です。

大気汚染医療費助成制度(東京都)

東京都では、都独自の制度として、大気汚染の影響を受けると推定される疾病(気管支ぜん息等)にかかった方に対し、一定の条件を満たす場合に、医療費の助成をしています。

詳しくは下記のページをご覧ください。

大気汚染医療費助成制度のご案内(新しいウィンドウで開きます)

新規申請について

対象疾病

 1.気管支ぜん息
 2.慢性気管支炎
 3.ぜん息性気管支炎
 4.肺気しゅ
 5.1.~4.の続発症

対象となる方

以下のいずれにも該当する方
 1.18歳未満(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある者を含む)
 2.東京都内に引き続き1年(3歳未満は6カ月)以上住所を有する方(東京都内に住民登録をしている必要があります)
 3.健康保険等に加入
 4.喫煙していない

助成対象

医療券の有効期間内に、医療券に記載された疾病の治療に要した医療券のうち、健康保険等を適用した自己負担額について助成します。

助成期間

認定された場合、原則として下記の窓口にて申請書を受理した日から、
 1.2年を経過した日以降の直近の誕生日の属する月の最終日まで
 2.18歳の誕生日が属する月の末日まで
のいずれか短い方となります。

更新申請について

対象となる方

以下のいずれにも該当する方
 1.大気汚染医療費助成制度の認定を受け、有効期間内にある
 2.健康保険等に引き続き加入
 3.喫煙していない

手続きについて

対象となる方には、申請に必要な書類を、有効期間満了の約2カ月前にお送りします。
有効期間満了後も引き続き助成を受けようとする方は、有効期間満了までに(手続に時間がかかりますので、なるべく1か月前までに)、更新の手続きをしてください。

有効期間の満了までに更新手続きを行わない場合、
 ・もも色の医療券をお持ちの方は、資格を喪失し、再度認定を受けられなくなりますのでご注意ください。
 ・みどり色の医療券をお持ちの方は、改めて新規認定されるまでの間、医療費の助成を受けられない場合があります。

医療券の変更と再交付

各種変更

医療券の内容の変更、医療保険の変更及び保険証の内容に変更が生じたときは、届出が必要となります。
 1.住所・氏名が変わった場合公害保健G
 ・医療券
 ・住所・氏名の変更が確認できる書類(住民票等)

 2.健康保険証等が変わった場合
 ・医療券の写し
 ・新しい健康保険証等の写し(高齢受給者証をお持ちの方は、その写しも必要です)

なお、以下の書式を印刷して記入の上、必要書類を揃えて郵送していただいても構いません。

変更届(PDF:409KB)

再交付

医療券を紛失、汚損したときは、健康保険証等の身分を証明できるものを持参の上、再交付の届出をしてください。

なお、以下の書式を印刷して記入の上、身分を証明できるもの(健康保険証、マイナンバーカード等のコピー)を揃えて(破損した医療券がある場合は医療券も)、郵送していただいても構いません。

本人確認書類として健康保険証の写しを提出する場合は、保険者番号及び被保険者等記号・番号をマスキング(黒塗りで削除)してください。マイナンバーカードの写しを提出する場合は、表面(氏名・住所が記載されている面)のみコピーを取ってください。

再交付申請書(PDF:14KB)

申請窓口

申請書配布・申請受付窓口

地域保健課公害保健グループ(池袋保健所2階 電話:03-3987-4220
長崎健康相談所 電話:03-3957-1191
池袋保健所出張窓口(区役所本庁舎4階)

申請書送付先

〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-42-16
豊島区地域保健課公害保健グループ

体育施設利用促進事業

医療券をお持ちのかたは、区立体育施設の使用料が免除されます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

高齢者等の体育施設利用促進事業

気管支ぜん息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)の方へ

医療助成のほか、豊島区では気管支ぜん息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんを対象に、健康の回復・保持・増進に関する知識の普及と意識の向上を図ることを目的とした各種の予防・福祉事業を行っています。

ぜん息のページ

 

お問い合わせ

更新日:2021年4月2日