マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 食品衛生 > お祭り・イベントなどで食品を取扱う際の届出について

ここから本文です。

お祭り・イベントなどで食品を取扱う際の届出について

次のような場合に食品を提供する場合には、届出や許可取得が必要となります。

  • 住民祭、産業祭、花火大会、盆踊りなど公共的な行事
  • 保育園・幼稚園のバザー、学校の文化祭など特定の人を対象とする行事
  • イベント会場での試飲・試食など

取り扱える食品の範囲や、必要な設備については、保健所にご相談いただくか、豊島区の要綱及び東京都ホームページをご覧ください。

豊島区行事における臨時営業等の取扱要綱

臨時営業・臨時出店(東京都ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

住民祭、産業祭など公共的な行事にて食品を提供されるかた

住民祭など公共目的を有する行事に、不特定多数を対象として簡易な施設を設け、食品を提供する行為を行っても、以下の要件(年間の出店日数がわずかであるなど)を満たす場合は営業許可を必要としません。しかし、この場合であっても、食品衛生上の危害の発生を防止するため、保健所への届出が必要となります。また、提供できる食品についても制限がありますので、ご注意ください。

臨時出店者とは、以下の要件を満たすものをいいます。

  1. 出店できる行事:出店場所を所管する市町村、都、国、住民団体が関与する等の公共的な目的を有する行事(例:住民祭、産業祭など)
  2. 出店場所で可能な行為:飲食店行為、食料品販売行為
  3. 出店日数:同一出店者が出店できる日数は、原則として1年に5日以下

行事に関する届出は、「行事開催届」と「行事における臨時出店届」を提出してください。

学校祭やバザーなどで食品を提供したいかた

「学校祭」、「PTAのバザー」などの特定多数の人を対象とする行事は、「業」としての性格を有さないものとして、許可の対象とはなりませんが、「模擬店開催届」を提出してください(届出用紙は、以下のリンクよりダウンロードできます)。

(注釈)不特定多数の人を対象としたり、反復継続しておこなわれる場合は「業」となり、許可の対象となる場合がありますのでご注意ください。

試飲や試食を行いたいかた

イベント会場などで、試飲・試食などを行う場合には、許可の対象とはなりませんが届出が必要となります(届出用紙は以下のリンクからダウンロードできます)。

(注釈)提供するものが「試食」の範囲を超える場合には、「業」となり、許可の対象となる場合がありますのでご注意ください。

お問い合わせ

更新日:2021年6月25日