ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業) > 介護予防・日常生活支援総合事業について

ここから本文です。

介護予防・日常生活支援総合事業について

平成28年4月より、要支援の方からお元気な高齢者までを対象とした、介護予防と日常生活の自立を支援する事業が始まりました。

高齢者がいつまでも住み慣れた地域で暮らし続けていけるようにするためには、地域全体で高齢者を支え、高齢者自身も自らの能力を最大限に生かして要介護状態になることを予防することが大切になります。そのための仕組みとして、介護保険制度に「介護予防・日常生活支援総合事業」が創設されました。

介護予防・日常生活支援総合事業として実施するサービスのうち、訪問型サービスや通所型サービスなどの「介護予防・生活支援サービス事業」は、要支援1・2の方と健康状態を確認するための基本チェックリストを実施した結果、事業対象と判定された方がご利用いただけます。

また、これまで実施していた介護予防事業は「元気向上プログラム(一般介護予防事業)」として、支援を要する方や元気な高齢者の方にも幅広くご参加いただけるようになりました。

総合事業パンフレット全体版(PDF:1,294KB)

利用の流れ

介護予防・生活支援サービス事業の利用の流れ

サービス内容

介護予防・生活支援サービス事業の内容と費用のめやす(PDF:554KB)

つながるサロン(通所型サービスB)

短期集中通所型サービス事業(令和2年6月1日更新)

担当

高齢者福祉課総合事業グループ

電話番号:03-4566-2435

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2020年7月28日