ここから本文です。

西巣鴨橋架け替え事業

架け替えの経緯

西巣鴨橋は昭和34年に架設され、豊島区で管理する橋梁の中で最も古い橋梁であり、法定定期点検の結果「Ⅲ」(早期措置段階)と判定されております。

豊島区橋梁の長寿命化修繕計画に基づき、平成30年度より架け替え工事に着手しております。

主な架け替えの理由

1.老朽化の進行

2.耐震性能の不足

3.物理的なバリアー(障害)がある

 

工事スケジュール(通行止め期間)

撤去工事

2018年11月29日(木曜日)~2022年3月(予定)

新設工事

2022年4月~2025年3月(予定)

平成30年11月29日(木曜日)から通行止めを開始し、旧橋梁の撤去作業を実施しております。

西巣鴨橋通行止めのお知らせ(PDF:443KB)

 

架け替え後のイメージ

 

senrozoikitaootsukagawa

線路沿い、線路付近の北大塚側の側道から

higashiikebukurosyadou

東池袋の側道から

apurochibu

アプローチ部横断通路付近、上池袋側の側道から

kyoujyou

橋上

西巣鴨橋南交差点側から

西巣鴨橋南交差点側から

 

 

「西巣鴨橋架け替え事業」基本設計図(PDF:966KB)

 

住民説明会について

計画説明会

平成27年3月26日(木曜日)、29日(日曜日)に帝京平成大学池袋キャンパス冲永記念ホールで木曜日49名、日曜日40名の方の参加のもと、「西巣鴨橋架け替え計画説明会」を開催しました。

工事説明会

平成30年9月22日(土曜日)に豊成小学校で84名の方の参加のもと、「西巣鴨橋架け替えに伴う工事説明会」を開催しました。

「西巣鴨橋架け替えに伴う工事説明会」当日配布資料(PDF:9,459KB)

 

お問い合わせ

更新日:2020年7月10日