ホーム > まちづくり・環境・産業 > 産業 > 企業支援・経営支援・としまビジネスサポートセンター > 生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画について

ここから本文です。

生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画について

生産性向上特別措置法に基づく豊島区の取り組みについて

豊島区では平成30年6月に国が制定した「生産性向上特別措置法」に基づき、導入促進基本計画を定め、同年7月に国との同意を交わしました。先端設備導入計画の策定を予定している区内事業者の方は、区の計画に基づき導入計画を策定し、豊島区生活産業課まで提出をしてください。

豊島区の導入促進基本計画について

豊島区が国と同意を交わした導入促進基本計画は以下をご覧ください。

東京都23区における固定資産税の特例措置について

東京都23区内においては、一定の設備について、固定資産全を3年間ゼロとする特例措置を講じます。

詳細は以下の東京都主税局ホームページをご覧ください。(固定資産税(償却資産)ページが開きます)

 

申請の流れ

  1. 豊島区『導入促進基本計画』の内容を確認のうえ、「先端設備等導入計画」を作成
  2. 作成した「先端設備等導入計画」について、認定経営革新等支援機関に確認を依頼
  3. 税制措置を受けるためには、新規取得設備に係る工業会証明書を依頼
  4. 生活産業課商工グループへ140円切手を貼った返信用封筒と「先端設備等導入計画」を提出(必要書類はチェックシートを確認)
  5. 審査後認定書を交付 (提出から2週間程度)

※不明点は生活産業課商工グループまでお問い合わせください。(03-4566-2742)

事業者向け手引き、申請書など

先端設備等導入計画作成にあたって、事業者向け手引きや申請書等は以下をご覧ください。

マニュアル等

新規申請時必要書類

計画変更時必要書類

 

 


 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年5月7日