ホーム > 手続き・届出 > 届出・証明 > 住民基本台帳カード > 住民基本台帳カードと電子証明書の終了について(平成27年12月)

ここから本文です。

住民基本台帳カードと電子証明書の終了について(平成27年12月)

住民基本台帳カードの交付は平成27年12月をもって終了しました

  • マイナンバー(社会保障・税番号)制度の開始に伴い、平成27年12月をもって住民基本台帳カードの交付を終了しました。
  • 平成28年1月以降、住民基本台帳カードの有効期限が過ぎた場合や紛失した場合であっても、カードの再交付を受けることはできません。

住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新は平成27年12月をもって終了しました

  • 住民基本台帳カードの交付終了に伴い、住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新も終了しました。

平成28年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)の交付を開始しました

  • 平成28年1月から、マイナンバー(社会保障・税番号)制度に対応した新しいカードとして、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始しました。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)は、ご本人の申請により交付される顔写真付きのICカードで、さまざまな行政サービスや公的な本人確認手段として利用いただけます。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの方は、マイナンバーカード(個人番号カード)交付の際に住民基本台帳カードを返納していただきます。
  • 住民基本台帳カードに登録した電子証明書が平成28年1月以降に有効期間の終了を迎えた場合は、新たにマイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受けることで電子証明書が利用できます。

 

お問い合わせ

更新日:2020年10月30日