ここから本文です。

夏の節電

今夏の省エネ・節電へのご協力のお願い

今夏の電力需給は、全国で瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる予備率3%以上を確保しているものの、厳しい見通しです。区民の皆様におかれましては、生活に支障のない範囲において節電へのご協力をお願いいたします。

夏季の電力使用の特徴

電力需要は日中(13時から17時頃)に高まる傾向にあります。

また、電力需給は太陽光発電の出力が減少する17時から20時に厳しくなる傾向にありますので、この時間帯には特に節電へのご協力をお願いします。

夏の電力需要・太陽光発電のグラフ

ご家庭での節電・省エネ

小さな積み重ねが大きな省エネ効果につながります。家庭における電気の使用割合が大きいものについて、少しの工夫でできるご家庭での省エネへの取り組みを紹介します。

エアコン

  • 室内の冷やしすぎに注意し、無理のない範囲で室内温度を上げましょう(設定温度を27℃から28℃にした場合、年間約30.2kWhの省エネ・約800円の節約
  • エアコンのフィルターをこまめに掃除しましょう(月2回)(年間約32.0kWhの省エネ・約850円の節約
  • 日中はすだれやシェードなどで窓からの日差しをやわらげましょう(外出時はカーテンを閉めると効果的。緑のカーテンもおすすめ)
  • 扇風機を併用し空気を循環させると効果的です。また、風が体ににあたると涼しく感じます。
  • 室外機の周りにはものを置かないようにしましょう

 エアコン掃除イラスト 日よけのイラスト サーキュレーターのイラスト

冷蔵庫

  • 冷蔵庫にものを詰め込まないようにしましょう(年間約43.8kWhの省エネ・約1,160円の節約
  • 温度設定を「強」から「中」へ(年間約61.7kWhの省エネ・約1,630円の節約
  • 壁から適切な間隔で設置しましょう(年間約45.1kWhの省エネ・約1,190円の節約
  • 無駄な開閉をせず、開けている時間は短めにしましょう

 ものが詰まった冷蔵庫 冷蔵庫のつまみを強から中にするイラスト

照明

  • 不要な照明は消しましょう
  • リビングや寝室の照明の明るさを下げましょう

 シーリング照明イラスト スイッチオフのイラスト

テレビ・トイレ

  • テレビは省エネモードに設定し、画面の照度を下げましょう。見ていないときは消しましょう。
  • 温水洗浄便座ではタイマー機能や節電モードの設定をしましょう

 テレビの電源を切るイラスト

無理のない範囲でご協力をお願いいたします。

(節約金額は2022年1月調べの電力量料金より算出)

オフィスでの節電・省エネ

オフィスでの、省エネへの具体的な取り組みをご紹介します。

  • 可能な範囲で執務室や店舗エリアの照明を間引きしましょう
  • 使用してないエリア(会議室、休憩室、廊下等)は、消灯しましょう
  • 日中の日射を避けるために、ブラインド、カーテン、遮熱フィルム、ひさし、すだれを活用しましょう
  • 使用していないエリア(会議室、休憩室、廊下等)は、空調を停止しましょう
  • 長時間離れるときは、OA機器の電源を切るか、スタンバイモードにしましょう
  • 温水洗浄便座は使用状況を確認し、便座や水の温度設定を「切」にしたり、長時間使わないトイレはコンセント自体を抜いたりしましょう

出典:経済産業省資源エネルギー庁ホームページ、東京都環境局『家庭の省エネハンドブック2022』


お問い合わせ

環境政策課事業グループ

電話番号:03-3981-2771

更新日:2022年7月21日