ホーム > まちづくり・環境・産業 > 自然・エネルギー > 緑化 > 緑のカーテンを作ろう > 緑のカーテンづくりの実績について(区立学校・区内公共施設)

ここから本文です。

緑のカーテンづくりの実績について(区立学校・区内公共施設)

実績

区立学校

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成18年度

10校

約424

平成19年度

10校

約471

平成20年度

13校

約575

平成21年度

15校

約732

平成22年度

20校

約549

平成23年度

27校(注釈)

約1,110

平成24年度

23校

約862

平成25年度

21校

約951

平成26年度

18校

約1,090

平成27年度 17校 約514
平成28年度 13校

約577

平成29年度

13校

約460

平成30年度 16校 約675
令和元年度 18校 約796
令和2年度 15校 約587
令和3年度 15校 約937

(注釈)震災の影響により、節電対策として「グリーンウォール」に取り組んだ小学校・中学校も含まれています。

区内公共施設

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成20年度

2施設

約60

平成21年度

15施設

約892

平成22年度

52施設

約965

平成23年度

46施設

約1,317

平成24年度

59施設

約1,571

平成25年度

55施設

約1,579

平成26年度

53施設

約1,728

平成27年度 49施設 約912
平成28年度 50施設 約1,407
平成29年度 52施設

約2,141

平成30年度 52施設 約1,816
令和元年度 53施設

約1,540

令和2年度 44施設 約975
令和3年度 49施設 約1,117

令和3年度の「緑のカーテン」の様子

令和3年は、8月に長雨が続き日照時間が少なくなった影響か、例年よりも花の咲く時期が遅い傾向がありました。

緑のカーテンづくりを行うことで涼しさを感じるだけでなく、成長の様子や緑のカーテンに集まる虫を観察したり、収穫した実を配付し各家庭で調理し楽しむなど、今年度も様々な楽しみ方ができました。

また、教育現場では、SDGsの視点から緑を育て増やすことの大切さを話したり、ポスターや漫画を作成するなど、環境教育にも活用しています。

いくつかの施設の「緑のカーテン」をご紹介します。

令和3年度仰髙小カーテン

仰高小学校

各担任が、SDGsの視点で緑を大切にし、育て増やしていく話を全学級で行いました。

 

令和3年度ひろば清和第2カーテン

区民ひろば清和第二

実を収穫後、受付前に出し利用者さんに見ていただくことで取り組みの紹介をしました。

 

令和3年度子どもスキップ椎名町カーテン

子どもスキップ椎名町

ゴーヤの生長と共に子ども達が興味を示し、水やりを積極的にしたがる姿が見られたり、収穫を喜ぶ子どももいました。

 

令和3年度目白第2保育園

目白第二保育園

収穫した実を保護者に配布しました。「持ち帰った日に美味しく食べた」「子どもが苦いけど美味しいと言った」「黄色い実が美味しかった」など好評でした。

 

令和3年度千早地域文化創造館

千早地域文化創造館

体感でも、視覚的にも涼しく感じられました。

これまでの「緑のカーテン」の様子

お問い合わせ

環境政策課事業グループ

電話番号:03-3981-2771

更新日:2021年10月21日