ホーム > まちづくり・環境・産業 > 自然・エネルギー > 緑化 > 緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

ここから本文です。

緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

豊島区では、都市部におけるヒートアイランド対策の一環として、平成18年度より区立小学校をモデルに「緑のカーテン」づくりを始めました。室内を涼しくするだけでなく、子ども達が自然の偉大さを知り、緑の大切さを学びながら、地球温暖化防止に貢献できる機会としての環境教育へつなげています。

現在では区民ひろばなどの区施設でも取り組みが広がり、緑のカーテンを通じたコミュニティ形成にもつながっています。

実績

区立学校

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成18年度

10校

約424

平成19年度

10校

約471

平成20年度

13校

約575

平成21年度

15校

約732

平成22年度

20校

約549

平成23年度

27校(注釈)

約1,110

平成24年度

23校

約862

平成25年度

21校

約951

平成26年度

18校

約1,090

平成27年度 17校 約514
平成28年度 13校

約577

平成29年度

13校

約460

平成30年度 16校 約675
令和元年度 18校 約796

(注釈)震災の影響により、節電対策として「グリーンウォール」に取り組んだ小学校・中学校も含まれています。

区内公共施設

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成20年度

2施設

約60

平成21年度

15施設

約892

平成22年度

52施設

約965

平成23年度

46施設

約1,317

平成24年度

59施設

約1,571

平成25年度

55施設

約1,579

平成26年度

53施設

約1,728

平成27年度 49施設 約912
平成28年度 50施設 約1,407
平成29年度 52施設

約2,141

平成30年度 52施設 約1,816
令和元年度 53施設

約1,540

令和元年度の「緑のカーテン」の様子

令和元年夏の天候は、梅雨明けが平年より遅く日照時間が少ないため、苗の発育が悪く約半分が病気になってしまった施設もありました。7月末から8月前半にかけて晴れて厳しい暑さが続いたため下葉が枯れて成長不良になってしまった施設もありました。そんな天候不順の中でも、生育が良く大きくカーテン状に育ってゴーヤの実などをたくさん収穫できたところもありました。緑のカーテンは、葉陰で夏の強い日差しを和らげて室温の上昇を抑えるだけでなく、緑色の美しい景観で気持ちを癒してくれます。また、親子でゴーヤの生長を楽しみに毎日観察したり、施設で収穫した実を利用者にお配りしたり、収穫したゴーヤで利用者と一緒に料理して試食したりと地域のコミュニケーションづくりにも大変役立っています。

いくつかの施設の「緑のカーテン」をご紹介します。

1ikeichisyou

池袋第一小学校

今年もゴーヤがたくさんできました。本当のカーテンみたいにきれいにできました。

fujimidaisyou

富士見台小学校

小学校4年理科「季節と生きものの様子」の授業において、緑のカーテンで使用したゴーヤ・ヘチマの生長の様子を観察することができました。

 

hirobaikebukuro

区民ひろば池袋

収穫したものを利用者さんに提供したり、小学生には水やりを手伝ってもらったりと交流ができました。

 

jumpnagasaki

ジャンプ長崎

収穫したゴーヤでチャンプルーやツナあえなどを利用者と一緒に作り試食しました。利用者の活動や会話のきっかけになりました。

 

zousigayatibunnsou

雑司が谷地域文化創造館

ゴーヤ、朝顔、へちま、キュウリを育てました。緑のカーテンの横のプランターではヒマワリも育て、夏を感じる演出をしたところ、館の利用者から好評を得ました。

 

30年度の「緑のカーテン」の様子

猛暑が続いた今年の夏は、暑さを和らげるためにと設置するはずの緑のカーテン用に用意した苗でさえも、なかなか思うように生育しなかったという学校や施設がありました。

また、学校や施設がお休みの少しの間に、枯れてしまったところもあり、暑さと乾燥への対策が必要でした。

そんな中でも、大きく育って、直射日光を遮ったり、照り返しが減らしたりなど、「緑のカーテン」としての役割をしっかり果たせたという報告もいただきました。

ほかにも収穫したゴーヤを調理して食べたり、利用者のみなさんに配ったりして、施設のスタッフと利用者の方々との交流に一役買ったり、園児たちがつるに集まってくる小さな虫たちと触れ合ったり、親子で実の生長を楽しみに見守る体験が出来たりと、「カーテン」としての役割以外にも「豊島区の夏の風物詩」として活躍しました。

いくつかの施設の「緑のカーテン」をご紹介します。

池一小の緑のカーテン

池袋第一小学校

今年は大成功だった。

ネットにびっしりの緑のカーテンが出来てよかったです。

 

区民ひろばの緑のカーテン

区民ひろば上池袋

ゴーヤの生長を楽しんでいた高齢者の姿や、窓一面に生い茂った緑のカーテンの様子をみている親子の様子がうかがえました。収穫したゴーヤは小ぶりなものばかりでしたが、「可愛いわね」と喜んでもらえました。

 

保育園の緑のカーテン

西巣鴨第三保育園

今年は酷暑で、週末や連休の時の水やりが大変でした。土が乾かないようにいろいろ工夫してみました。

 

地域文化創造館の緑のカーテン

南大塚地域文化創造館

収穫した200個以上のゴーヤを利用者に提供し、喜ばれました。継続して緑のカーテンを設置しているので、楽しにしている区民の方もたくさんいらっしゃいます。

 

29年度の「緑のカーテン」の様子

今年度は、7月18日に雹の被害があり、せっかく育っていたものが傷ついてしまったり、枯れてしまったという報告も多くありました。

それでも成長を楽しみに見守り、収穫したり、たくさん実を付けたものは、利用者の方々にお配りしたり、反対に「おすそわけです」といただいたりと「緑のカーテン」としての遮光効果だけでなく、地域とのコミュニケーションにも役立ったようです。

29gakkou

朝日小学校

4年生理科の「植物の生長」と併せて実施しました。

今年も「へちま」を栽培し、成長の様子を観察しました。

 

29hiroba2

区民ひろば高南第一

今年は大きく立派なゴーヤが多数収穫できたので、ひろば事業の参加者へ配ることができ好評でした。

 

29skip

子どもスキップ朋有

ここ数年、緑のカーテンに継続して取り組んでいるので、昨年も参加した児童は経験を生かし、より積極的にお手伝いをしてくれました。

 

29hoikuen

駒込第三保育園

今年は良く育った方だと思います。ヘチマにたくさん蟻が来ていました。

 

29bunkasouzoukan

雑司ヶ谷地域文化創造館

ゴーヤのほかにキュウリやカボチャも一緒に栽培しました。

プランターではなく、地植えにしており、日当たりも比較的いいのでとてもよく育ちました。

 

28年度の「緑のカーテン」の様子

区民ひろば目白

区民ひろば目白

 

ひろば清和第一

区民ひろば清和第一

 

要小

要小学校

 

こどもスキップ朋有

子どもスキップ朋有

 

お問い合わせ

更新日:2020年4月13日