ホーム > まちづくり・環境・産業 > 自然・エネルギー > 緑化 > 緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

ここから本文です。

緑のカーテンづくり(区立学校・区内公共施設)

豊島区では、都市部におけるヒートアイランド対策の一環として、平成18年度より区立小学校をモデルに「緑のカーテン」づくりを始めました。室内を涼しくするだけでなく、子ども達が自然の偉大さを知り、緑の大切さを学びながら、地球温暖化防止に貢献できる機会としての環境教育へつなげています。

現在では区民ひろばなどの区施設でも取り組みが広がり、緑のカーテンを通じたコミュニティ形成にもつながっています。

実績

区立学校

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成18年度

10校

約424

平成19年度

10校

約471

平成20年度

13校

約575

平成21年度

15校

約732

平成22年度

20校

約549

平成23年度

27校(注釈)

約1,110

平成24年度

23校

約862

平成25年度

21校

約951

平成26年度

18校

約1,090

平成27年度 17校 約514
平成28年度 13校

約577

平成29年度

13校

約460

平成30年度 16校 約675
令和元年度 18校 約796
令和2年度 15校 約587

(注釈)震災の影響により、節電対策として「グリーンウォール」に取り組んだ小学校・中学校も含まれています。

区内公共施設

取組年度

実施数

施工面積(平方メートル)

平成20年度

2施設

約60

平成21年度

15施設

約892

平成22年度

52施設

約965

平成23年度

46施設

約1,317

平成24年度

59施設

約1,571

平成25年度

55施設

約1,579

平成26年度

53施設

約1,728

平成27年度 49施設 約912
平成28年度 50施設 約1,407
平成29年度 52施設

約2,141

平成30年度 52施設 約1,816
令和元年度 53施設

約1,540

令和2年度 44施設 約975

令和2年度の「緑のカーテン」の様子

令和2年は、7月の日照時間が少なく、梅雨明けが8月になるなど、苗の発育には厳しい天候が続きました。しかし、天候不順の中でも、ゴーヤの実などがたくさん収穫できたところもありました。大豊作となった施設では、連作障害の対策として土を休ませるなどの工夫を行っていました。

また、今年は新型コロナウイルスの影響により休校・休館していたため、利用者や児童とともに苗植えができませんでしたが、水やりや成長を楽しんだり、施設で収穫した実を利用者にお配りしたりと緑のカーテンを楽しみました。窓を開けて換気を行う時間が長い中での緑のカーテンの実施となりましたが、直射日光が遮れ、涼しさを感じることができたようです。

いくつかの施設の「緑のカーテン」をご紹介します。

令和2年度緑のカーテン巣鴨小学校

巣鴨小学校

ヘチマとゴーヤを混ぜて植えたところ、花の違いや成長の違いを比較できました。

 

令和2年度緑のカーテン高南小学校

高南小学校

3年生の理科の授業で取り入れました。緑のカーテンに関心のある児童も複数いました。

 

令和2年度緑のカーテン区民ひろば朋有

区民ひろば朋有

今年は特に換気の為に窓を開ける必要がありましたが、緑のカーテンが南側で直射日光を遮られて、とても効果的でした。

 

令和2年度緑のカーテン区民ひろば高南第一

区民ひろば高南第一

連作障害対策として、昨年はプランターで実施し花壇の土を休ませたが、今年はその土の改良の成果なのか、大豊作で現時点で450本を超える収穫がありました。

 

令和2年度緑のカーテンジャンプ長崎

ジャンプ長崎

今年は新型コロナのため、利用者に自宅へ持ち帰ってもらいました。

ゴーヤのスープなど、料理をして家族で味わった等の話が聞け、活動や会話のきっかけになりました。

 

令和2年度緑のカーテン巣鴨地域文化創造館

巣鴨地域文化創造館

10年以上継続しており、該当する会議室を利用されている利用者から「涼しげだね」との声をいただきました。

これまでの「緑のカーテン」の様子

お問い合わせ

更新日:2020年10月28日