ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > マスクを着用することができない障害者等へバッジの配布を行っています

ここから本文です。

マスクを着用することができない障害者等へバッジの配布を行っています

新型コロナウイルスの感染拡大防止としてマスクの着用を求められる場面が多くなる中、
障害等によりマスクの着用ができない方への理解が進まない現状を受け、
豊島区障害福祉課ではマスクを着用できないことを表示するバッジを作成し、配布を行っています。

デザインは4種類あり、それぞれに動物のイラスト、×印のついたマスクのイラスト、「マスクをつけられません」の文字が書かれています。
バッジはクリップ付き安全ピンタイプ、安全ピンタイプの2種類を用意しています。

必要な方は、障害福祉課または心身障害者福祉センター窓口までお声掛けください。

写真

対象者

  • 区内在住・在勤・在学・通所施設を利用している障害者等

配布場所

  • 障害福祉課(豊島区役所4階窓口)
  • 心身障害者福祉センター

 

お問い合わせ

更新日:2020年10月28日