ホーム > 子育て・教育・若者 > 保育 > 保育園の入園に関すること > 入園手続 > 就労内定・求職・育児休業明けで入園の場合

ここから本文です。

就労内定・求職・育児休業明けで入園の場合

就労内定理由で入園の場合

就労内定で入園した場合は、就労(予定)証明書を就労開始日より2週間以内に提出してください。就労が確認できない場合は、保育が困難とは認められず退園していただく場合もありますので、ご注意ください。

就労証明書をダウンロードできます。

[申請書ダウンロード] 就労(予定)証明書

求職を理由に入園の場合

求職を理由に入園した場合の入園期間は、3か月間です。

求職とは、日中、求職活動のために外出している状態をいいます。入園後3か月以内に就労先を決め、就労を開始することにより、入園期間が小学校就学前までに変更となります。

入園期間延長の手続き

  1. 提出書類
    「子どものための教育・保育給付認定・変更申請書」と「就労(予定)証明書」
  2. 手続きの期限
    入園期間満了日の5日前までを目安に提出してください。
    書類の提出がない場合は、入園期間満了日をもって退園していただくことになります。

就労時間・日数について

保護者の就労を理由とする入園の場合の就労時間の最低基準は、次のとおりです。就労時間・日数・賃金のすべての基準を満たす必要があります。

 <就労時間・日数> 月12日以上、かつ、月48時間以上
 <賃金>      月収 47,000円以上(最低賃金の変動に伴い変動します。)

最低基準に満たない場合は、就労のために保育が困難とは認められませんので、ご注意ください。

次の申請書は、ダウンロードできます。

[申請書ダウンロード] 子どものための教育・保育給付認定・変更申請書

[申請書ダウンロード] 就労(予定)証明書

育児休業明けで入園の場合

育児休業明けで職場復帰し、保育園の入園を希望する場合、入園申込みができます。その際は、入園月の翌月1日までに復職が必要です。就労(予定)証明書に記載の復帰予定月よりも前の月に入園を希望する場合は、「就労(予定)証明書」の「入所が可能になった場合育児休業期間の短縮の可・否」という項目が、「可」と記載されている場合のみ、申込みができます。

  • 父母が育児休業を取得している期間は、復職を伴わない新規入園・転園はできません
  • 入園後、復職してから2週間以内に「復職証明書」を必ず提出してください
  • 入園後、入園月の翌月1日までに復職していることが確認できない場合、月末で退園になることがあります。

復職証明書をダウンロードできます。

[申請書ダウンロード] 復職証明書

お問い合わせ

更新日:2021年10月1日