ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 生活・住まいの援助 > 高齢者補聴器購入費助成

ここから本文です。

高齢者補聴器購入費助成

聴力機能の低下により、ご友人やご家族等とコミュニケーションがとりにくい高齢者を対象に、聴力低下による閉じこもりを防ぎ、高齢者の積極的な社会参加や地域交流を支援し、高齢者の健康増進、認知症予防に資することを目的に、補聴器の購入費を助成します。

利用対象者

以下のすべてに該当するかたが対象です。

  1. 豊島区に住所を有する65歳以上のかた
  2. 住民税本人非課税(介護保険料所得段階が1から5)のかた
  3. 日常生活などで耳が聞こえにくく、耳鼻科の医師から本事業の基準を満たす証明を受けたかた(中程度難聴程度)
  4. 聴覚障害による身体障害者手帳の対象(高度難聴以上)とならないかた

サービスの概要

補聴器購入費用を1台一回限り、限度額2万円まで助成します。

  • 購入額が助成上限額に満たない場合は、購入額が助成額になります。
  • 助成対象は、補聴器本体および付属品です。
  • 管理医療機器としての補聴器を購入した場合に限ります(集音器は対象外)
  • 助成は一人1台1回限りとし、故障、修理、メンテナンスなどは対象外です。

申請場所

高齢者総合相談センター

申請書等提出書類

申請書(PDF:47KB)

請求書(PDF:43KB)

請求書記入例(PDF:63KB)

  • 証明書は対象要件を満たすかたに高齢者総合相談センターでお渡しします。

助成のながれ

  1. 申請
    高齢者総合相談センターに申請書をご提出ください。
    対象要件を満たしているか確認し、対象者のかたには証明書用紙をお渡しします。
    生活保護受給者のかたは、申請前に担当のケースワーカーにご相談ください。
  2. 受診
    耳鼻咽喉科を受診してください。(受診料、検査料等自己負担)
    医師に補聴器使用が必要と認められたときは、証明書の発行を受けてください。
    ※証明書発行手数料は、豊島区医師会所属の耳鼻咽喉科では1,000円(税別)で発行します。豊島区医師会所属以外の医療機関では発行手数料が異なることがございます。
  3. 決定
    証明書を高齢者総合相談センターにご提出ください。区から郵送で決定通知および請求書用紙が届きます。
    決定通知が届くまでは補聴器は購入しないでください。
  4. 購入
    補聴器を購入し、購入店舗から領収書をもらってください。
    請求書にご記入のうえ、領収書を添付し高齢者総合相談センターにご提出ください。
  5. 助成
    請求書でご指定いただいた口座に助成金を振り込みます。

ご案内パンフレット

豊島区高齢者補聴器購入費助成事業について【ご利用者向けパンフレット】(PDF:214KB)

豊島区高齢者補聴器購入費助成事業について【医療機関のみなさまへ】(PDF:397KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2018年10月4日