ホーム > 手続き・届出 > 届出・証明 > 戸籍届出 > 戸籍届出における本人確認(婚姻・離婚・縁組・離縁・認知)

ここから本文です。

戸籍届出における本人確認(婚姻・離婚・縁組・離縁・認知)

目的

虚偽の届出の防止と早期発見

対象となる届出

対象となる届出の種類は、婚姻・協議離婚・養子縁組・協議養子離縁・認知

本人確認の対象者

届出人及び使者

本人確認の方法

運転免許証、パスポート(日本国旅券、外国旅券)、在留カード等または特別永住者証明書などの、官公署発行の顔写真が貼付された公的な身分証明書の提示を求めます。


注意事項

  1. 身分証明書がない場合にも、届出に不備がなければお預かりいたします。
    その場合は、後日、郵送にてお届けがあった旨、届出人本人にお知らせいたします。ただし、不受理の申出(自分自身が窓口に来たことが確認できない場合には届出を受理しないようにする申出)がされている場合は受理できません。
  2. 執務時間外のお届けも、本人確認の対象となります。

受付時間及びお届け場所

受付時間

  1. 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで(祝日、年末年始を除く)
  2. 休日窓口 詳細は下記を参照してください

お届け場所

上記1,2 区役所本庁舎3階 総合窓口課
それ以外の場合 区役所本庁舎1階宿直室で届書をお預かりしています

(注意)
届書の内容確認にはお時間がかかりますので、余裕をもってご来庁ください。
休日窓口では、届書の内容に他の区市町村が含まれている場合は、お預かりのみとな
ります。また、ご本人の確認ができない場合も、お預かりのみとなります。

休日窓口についてはこちら

お問い合わせ

更新日:2015年7月1日