ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > くらしの中のねずみと虫 > くらしの中の虫 > シバンムシアリガタバチ・タバコシバンムシ

ここから本文です。

シバンムシアリガタバチ・タバコシバンムシ

シバンムシアリガタバチ

シバンムシアリガタバチ

  • 刺されるとチクッとすることがある。
  • タバコシバンムシ等を寄主とする。

写真は、シバンムシアリガタバチ(約2ミリメートル)

小さなアリのように見えますが、れっきとしたハチです。このハチは寄生蜂で、タバコシバンムシなどの幼虫に産卵します。産卵するときは幼虫を麻酔するための毒液を注入しますが、間違って人を刺すことがあります。たくさん刺されると人によって痛痒く感じます。刺されたら抗ヒスタミン軟膏を塗るのがよいようです。シバンムシアリガタバチの被害がある場合は、タバコシバンムシなどがたくさんいます。被害予防はタバコシバンムシを参考にしてください。

タバコシバンムシ

タバコシバンムシ

  • 乾燥した動植物に発生する。
  • タバコシバンムシがたくさん発生するとシバンムシアリガタバチが発生することがある。

写真は、タバコシバンムシ(約2~3ミリメートル)

こげ茶色の丸い虫です。たくさん発生すると天敵のシバンムシアリガタバチが発生することがあります。タバコシバンムシの発生場所は、乾燥した動物・植物全てと考えてください(乾麺、麩、お菓子、にぼし、干物、畳、タバコ、ドライフラワー、漢方薬、ペットフード、殺そ剤、はく製など)。新しい2年目の畳は要注意です。

駆除

食品類にたくさん発生している場合は捨てましょう。予防として、食品は冷蔵庫などの密閉容器に入れます。畳は熱処理による方法が一番です(畳乾燥車を利用する。畳裏にビニール等が貼ってあるものは、変形するので注意)。その他に畳専用の防虫袋に入れる、畳を防虫紙でサンドイッチする方法などがあります。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日