ここから本文です。

企画展「薬と祈りの処方箋」

チラシ1

※この展示は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

なお、郷土資料館は令和3年9月27日(月曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで臨時休館しております

郷土資料館では7月20日(火曜日)から9月26日(日曜日)、令和3年度企画展「薬と祈りの処方箋」を開催いたします。

(社会状況により、事業を中止・変更する場合がりますので、事前に当館ホームページで御確認ください。)

展示概要

新型コロナウイルスの治療で先端医療が注目されていますが、世界各地には様々な昔から伝わる医療が存在します。今回の企画展では日本で古くから実践されてきた医療を通じて、郷土の歴史に触れていきます。タイトルに「薬」と「祈り」が並んでいるのはなぜ?私たちの身近にあるアレやコレも昔ながらの医療なの?古代から江戸までの軌跡から豊島区の様相を紹介します。

 

関連事業のご案内

企画展の開催に伴い、下記の関連事業を実施いたします。

記念講演会

企画展の開催を記念し、生薬の利用や薬用植物栽培について御講演いただきます。

講師:小林義典氏(北里大学東洋医学総合研究所副所長・薬剤部門長、薬学部附属薬用植物園園長)

日時:8月1日(日曜日)午後2時から午後3時30分

場所:としま産業振興プラザ6階・多目的ホール

定員:60名(事前申込)

参加費:無料

申込締切:7月17日(土曜日)必着

連続講座「江戸の医療あれこれ」

江戸時代の医療と一言で言っても千差万別多種多様。江戸市中と近郊の様相の違いを23区内に残る地域資料を通して、連続講座の中で学びます。(全3回、1回でも参加できます。)

講師・内容:第1回多田文夫氏「江戸市中と東郊」、第2回長田直子氏「江戸周辺の村医者事情」、第3回金子千秋氏「江戸中央の医療」

日時:9月4日・11日・18日(いずれも土曜日)、午後2時~3時30分

場所:としま産業振興プラザ3階・研修室2

定員:18名(事前申込)

参加費:無料

申込締切:8月14日(土曜日)必着

担当学芸員によるギャラリートーク

日時:7月25日(日曜日)・8月22日(日曜日)、いずれも午後2時から30分程度。

申込みは不要です。直接展示室へお集まりください。(その他にも毎月第4土曜日には学芸員による常設展示解説があります。)

古代オリエント博物館×郷土資料館・コラボ企画

この夏、池袋駅を挟み東西にある2館のコラボ企画が初開催!詳細は下記リンク先から御確認ください。

(社会状況により、事業を中止・変更する場合があります。)

 

特別協力

古代オリエント博物館(東池袋3-1-4サンシャインシティ文化会館ビル7階)



各事業への参加申込方法

講演会・講座への参加をご希望の方は、往復はがきに(1)参加希望の事業名(2)住所(3)氏名(4)電話番号をご記入の上、〒171-0021豊島区西池袋2-37-4としま産業振興プラザ7階・豊島区立郷土資料館企画展担当宛にお送りください。

更新日:2021年9月28日