ここから本文です。

認知症支援講座

認知症は、誰でもかかる可能性のある脳の病気です。認知症になっても認知症の人や家族が安心して暮らせるような街づくりを目指しています。

認知症に関する理解を深めることで、介護者の不安を解消し、地域の方には認知症高齢者とその介護者を支えるきっかけを提供します。

平成26年度から、高齢者総合相談センターが、地域向けに認知症に関する講座を実施しています。

「もしも」講演会

  日常生活の中で何か違和感を覚えている人が自ら相談に行こうと思えるように認知症という言葉をできるだけ使わずに作られた絵本のような冊子『もしも』。作成した認知症介護研究・研修仙台センター研究部長 矢吹知之先生による認知症になっても安心して地域で暮らすことを考えるための講演会です。

日時

  令和3年2月27日(土曜日) 午後2時~3時30分

会場

  豊島区役所5階 507~510会議室

講師

  認知症介護研究・研修仙台センター 研修部長 矢吹 知之氏

定員

  50名(区内在住、在勤、在学の方)

問い合わせ

  電話かファクスで高齢者福祉課 介護予防・認知症対策グループ☎4566-2433/FAX3980-5040まで。※先着順

認知症の人の意思決定支援ガイドライン研修会~本人の心からの希望、価値観に寄り添うチーム支援の実践に向けて~

  平成30年に本人の意思を尊重しながら意思決定のプロセスが踏めるように「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」が出されました。法的立場からの解説を聴き、支援のための理解を深めましょう。

日時

  令和3年2月12日(金曜日) 午後2時~3時30分

会場

  としま区民センター 会議室403

講師

  法テラス埼玉法律事務所 シニア常任弁護士 水島 俊彦氏

定員

  40名(区内在住、在勤、在学の方)

申込み方法

  電話かファックスで「中央高齢者総合相談センター☎5985-2850/FAX5985-2835」へ。※先着順

  ※令和3年1月4日(月曜日)よりお申し込みを受け付けます。

「もしも」区民講座~認知症を知る絵本のような冊子「もしも」をよく知ろう~

 認知症を知る絵本のような冊子『もしも』をもとに、いざというときのために専門家の話を聞き、認知症への向き合い方のヒントを見つける講座です。

日時

  令和3年1月23日(土曜日) 午後2時~3時

会場

  豊島区清掃事務所講堂

講師

  高齢者福祉課 介護予防・認知症対策グループ 認知症地域支援推進員

定員

  30名(区内在住、在勤、在学の方)

  お申し込みは不要です。直接現地へお越しください。

  ※先着順の定員30名を上回る場合はご参加いただけない場合がございます。

  ※入室時に検温と氏名、住所、連絡先ご記入のご協力をお願いします。

問い合わせ

  いけよんの郷高齢者総合相談センター☎3986-0917/FAX3986-0916

 コロナ禍の認知症について(こちらの講座は終了しました)

 新型コロナウイルスの流行により自宅に閉じこもる認知症高齢者が増えています。認知症かかりつけ医として地域の診療に携わる医師から、認知症を疑うサインや認知症の進行予防等の話を聞いてみませんか。

日時

  令和2年11月25日(水曜日) 午後2時~3時30分

会場

  南大塚地域文化創造館 第1会議室

講師

  安井医院 医師 細谷眞澄氏

定員

  35名(区内在住、在勤の方)

申込み方法

  電話かファックスで「東部高齢者総合相談センター☎5319-8703/FAX5319-8726」へ。※先着順

介護者の心のケア・気持ちの見える化(こちらの講座は終了しました)

 介護している人の状況や気持ちについて、対話や可視化し、自己理解を深めていく体験型の講座です。

日時

  令和2年11月24日(火曜日) 午後2時~3時30分

会場

  菊かおる園ケアハウス棟集会室

講師

  若年認知症ねりまの会MARINE 代表 田中悠美子氏

定員

  20名(区内在住、在勤の方)

申込み方法

  電話かファックスで「菊かおる園高齢者総合相談センター☎3576-2245/FAX3576-2247」へ。※先着順 

更新日:2020年12月16日